山口県の北部、島根県との県境にほど近い山口市の阿東徳佐地区。田園やりんご園が点在するのどかな景色が広がります。

そんな空が広い、のんびりとした場所にあるのが「earth kitchen 地球食堂」です。決して便利な立地ではなく、有名観光地ではないこの場所に、お客さんが続々とやってくる理由とは?そのヒミツを探りに伺いました。

阿東徳佐のカフェ「地球食堂」

ナビを頼りに、集落に入っていくと見つけました。古民家の納屋を改装したカフェ「地球食堂」です。

運営するのは浅田美帆さん。2013年に山口県岩国市から家族で移住しました。当初は近くの道の駅に間借りして調理し、イベント出店やケータリングを行なっていましたが、2018年、この場所にカフェをオープンしました。マクロビを学んだ経験をもつ美帆さんが得意としているのが、野菜料理です。使われているのは、友人や知人の農園でとれた米や野菜、秋川牧園の卵など、オーガニックの地元農作物が中心。春先には週一のペースで山菜を採りに山に入ります。

野菜たっぷりの「特製ベジランチ」

この日のランチにはドラゴンフルーツを使った自家製ドレッシングのサラダ、茎わかめと生姜の酢の物、切り干し大根のナムル、山口県祝島産ひじき入りの卵焼きなど、彩り豊かな旬のおかずがたっぷり。黒米入りご飯には自家製梅干しと蕗味噌、お味噌汁には山から摘んだ花ウドが入っていて、素材の滋味と季節を舌で感じることができます。どれもシンプルな味付けながら、体に染み渡る美味しさで、肩の力が抜けていくよう。

料理のテーマは「脱力」?

「料理にこだわってはいるのですが、力は入れすぎない。1,000円のランチを寝ずに作っていたら、ヒリヒリした味になると思うんですよね。私は勝負する料理ではなく、気が抜ける料理を作りたくて。テーマは『脱力』です(笑)」

そう話す美帆さんですが、今にたどり着くまでには紆余曲折ありました。

 

<自分の軸を持ちながらも無理せず楽に、しなやかに。日々厳密に料理を作ってきた美帆さんの思考を変えた出来事。全文はこちら>