山口県山口市の山間部、仁保(にほ)。
「道の駅 仁保の郷」は、緑豊かなこの地域の交流拠点として、いつも賑わっています。

この道の駅のなかに、Uターンした女性が一人で切り盛りする小さな菓子工房「モナムール」はあります。

取材に伺った午後は、仁保産の紫イモを使った焼き菓子の生地を練っている最中でした。

「紫イモだけじゃなく、ユズやカボチャのケーキもあります。秋にはブドウのタルトも。仁保は本当に美味しいものがたくさんあるので、有難く使わせていただいていますね」

手を止めることなく、オーナーパティシエの伊藤友貴さんが教えてくれました。

*****

次は「萩市の甘く濃厚な醤油を使ったお菓子」を構想中。ふるさとを愛する思いを込めた伊藤さんのお菓子は、子供からお年寄りまで幅広く愛される優しい味です。