周南市若宮町。「PH通り」と呼ばれる道路沿いに9月上旬、小さなカフェバーがオープンしました。

「徳山夜喫茶 雫」

扉を開けると、オレンジ色の裸電球に照らされた小さな空間が広がっています。カウンターは4席。ミディアムテンポのジャズが静かに流れるなか、ただ座っているだけで心が癒されていくようです。

ヨコハマのランドマークホテルから、周南に

「女性が1人でも、安心してお酒を楽しめるお店を目指しています」と、オーナーの松嶋和夫さん。「カフェでお茶を飲む感覚で、カクテルを楽しめる場所にしたくて」

松嶋さんは鳥取県出身。昨年まで、横浜港のランドマークのひとつ「ヨコハマ・グランドインターコンチネンタルホテル」のバーでシェーカーを振っていました。周南市に暮らしている友人からカフェバー開設のアイデアを聞き、「面白そう」と移住。店内のリノベーションなど、準備を続けてきました。

その松嶋さんがつくるカクテルは、20種類以上。メニュー表には、バナナシェイク風カクテル「バナナダークラムフローズン」や、「ティラミス風カクテル」など、女性好みのものが並んでいます。

取材当日、車で来ていた筆者のために松嶋さんが作ってくれたのはジンジャエール。ショウガだけでなく、スパイスやハーブを数種類ミックスしたオリジナルで、乾燥させたレモンも浮かべています。飲んでみると、ジンジャー特有のスパイシーさよりも、「優しさ」を感じるまろやかな味わいでした。

「ノンアルコールは現在、14種類。お酒が苦手な方にも楽しんでいただけるように、カクテルに負けないクオリティのものを揃えています」

***

夜に食べても後ろめたくない食事や、レースの天蓋が付いた特別席など、徹底した女性目線での店づくり。周南市の「可能性」「心地よさ」を感じながら、お店の作り込みを続けています。