ドライいちじく、フレッシュオリーブの塩漬け、南高梅の梅干し……。

様々な果実を使ったこれらの加工品は、山口県周防大島の「西村果樹園」で作られたものです。農家さん自らが栽培から加工まで一貫して行なっているとのこと。一体どんな方が作っていらっしゃるのでしょう。

周防大島の西村果樹園へ

訪れたのは、周防大島の久賀(くか)地区。スーパーや飲食店が並ぶ島内でも賑やかな場所ですが、山手には長閑な風景が広がります。西村果樹園では、周防大島名産のみかんをはじめ、キウイや梅、いちじく、柿、オリーブ、木苺などを栽培しています。

ちょうどこの時期はキウイの授粉作業があるとのことで、代表の西村てつあきさんに作業を見学させてもらいました。

***

東京で会社に勤める傍ら漫画も描き、Uターンして農家に転身。作業の効率化や6次産業化を進めています。漫画家だったときの癖で「農作業に集中すると息を止めてしまう」と西村さん。