山口県山陽小野田市の山野井地区。深呼吸したくなるような緑に囲まれた自然豊かな山あいに、陶工房「夢紅(ゆめくれない)」があります。週末にはカフェもオープンするとのこと。陶芸にカフェ?一体どんな方が営んでいらっしゃるのでしょう。

山陽小野田市の山あいに佇む夢紅

手作りの看板を頼りに、山道を上がった先に大きな建物が見えてきました。軒先には本焼きを待つ様々な器が並んでいます。

左手の入り口を進むと、居心地の良い空間が広がっています。デッキやテーブルの茶色に、それを取り囲む濃い緑が、どこか南国のような雰囲気を漂わせています。早速、夢紅の人気メニュー、サンドイッチを注文。

こだわりの夢紅サンドイッチ

そよそよと涼しい風が吹き抜ける、大きな柿の木のそばで。

ローストビーフサンドイッチ(手前)と、ハム・サラミ・チーズサンドイッチ(奥)。しっかりとしたバゲットに噛めば噛むほど味わい深いローストビーフ、シャキシャキの野菜、エメンタールチーズのまろやかさが口の中で合わさり、とっても美味しい!それに、普段食べるようなサンドイッチにはない、風味豊かなソースが絡んでいます。

「注文を受けてから野菜を切って具材を挟んでいるから、フレッシュでしょう。ドレッシングも特製、オレガノを効かせたイタリアンサンドイッチです」

そう話すのは、夢紅のオーナー、中嶋夢元(むげん)さん。

40歳で始めた陶芸

陶芸家でもある夢元さんは、滋賀県出身。大学卒業後、デンマークへチーズやバター、ソーセージなど酪農の勉強をするため5年間留学、その後は10年ほどアメリカで生活し、サンドイッチ店を営んでいました。帰国後、神奈川県の茅ヶ崎でサンドイッチ店をオープン。そこで奥様の紅(くれない)さんと出会います。

笑顔がチャーミングな紅さん

***

3年前に20年間暮らした奄美大島を離れ、山口の工房に。ここに落ち着くと思いきや、
「カナダのソルトスプリングアイランドはよかったねぇ。初めて訪れた時、本当に『終の住処だ!』と感じた。あそこに住みたいなぁ」と紅さんと微笑みます。

豪快でフットワークの軽いお二人のエピソードは驚きの連続です。