山口県山口市の徳地(とくぢ)。自然豊かでのどかな風景の広がる地域です。2019年11月、ここに一軒のおそば屋さんがオープンしました。まだ新しいお店ですが、平日でも早々にそばが完売する日も珍しくないとのこと!

山口市の徳地にある「徳地そば茶屋雅」

こちらが「徳地そば茶屋雅(みやび)」。
立派な古民家に、造り酒屋で見る杉玉が目印。そばに日本酒は相性抜群。これは期待が高まります!

店内は天井が高く、足元はフローリング。ペレットストーブが置いてあり、古民家の良さを残しながらも快適にリノベーションされています。カウンター席からは、食事しながら美しく手入れされた庭や徳地の山々を眺められますよ。

毎朝手打ちの絶品そば

ざるそばと共に、揚げたての天ぷらや季節の小鉢、胡麻豆腐などが運ばれてきました。温かいおそばも捨てがたいですが、そば本来の美味しさを味わうなら、やはりざるそばに限ります!

特製のつゆにさっとつけて啜ります。ほどよく歯ごたえのあるそばに、奥深い出汁の風味が絡んで最高!

そばは毎朝、店主の飯笹雅博さんが手打ちしたもの。出汁は国産昆布や鰹節、徳地特産の乾燥椎茸などを使って丁寧にとっています。サクサクの天ぷらや小鉢は、どれも素材の旨味を生かした味付けで、そばの美味しさをさらに引き立ててくれます。

毎日早朝からそばを打つという飯笹さん

2016年、飯笹さんは家族と共に大阪から山口市徳地へ移住しました。

***

長年サラリーマンをしていた飯笹さんは、「新しいことにチャレンジするのも年齢的に最後かも」との思いから、移住を決意。そば打ちを一から学び、自身でそばの栽培も始めました。