山口県の東部、岩国市周東町の祖生(そお)地区。深い森林が広がる豊かな自然に囲まれながら、岩国空港や錦帯橋、周防大島など、近隣の観光地へアクセスしやすい場所です。そんな祖生の山中に山里民宿「和樂の里」があります。

天空の桃源郷、山里民宿「和樂の里」

写真提供:和樂の里

訪れたのは、標高約300mの山の中腹。「和樂の里」の看板を頼りに、車一台がやっと通れるような山道を上ると、絶景が広がっていました。よく晴れた朝には、眼下に写真のような雲海が広がることもあるそう。

宿泊するのは築110年の古民家。先祖代々、この地で暮らしてきた藤森家の子孫である藤森和子さんが、2009年にオープンしました。現在は関東から移住した坂田修作さんが、新たな店主として和樂の里を引き継いでいます。

一日一組限定、貸切で利用できる和樂の里。鳥のさえずりが聞こえるだけの静かな環境で、ゆったりと過ごすことができます。

 

***

脱サラし、関東から移住した坂田さん。民宿の運営のほか、山の管理や山でのワサビ栽培、キャンプ場整備、放牧などに取り組んでいます。よく「こんな山奥に一人で寂しくないか?」と聞かれるそうですが、寂しさを感じる間もないそうです。