瀬戸内海に向かって「でんっ」とそびえる、高さ約40メートルの巨大な岩。

山口県周防大島町にある「立岩」。馬頭観音が祀られ、地元では信仰の対象となっています。

荘厳さの漂うこの岩のすぐ近くに、かわいいカフェがあります。「海カフェ カシェット」。地中海のまちのような白い壁と、オレンジの瓦が目印です。

巨岩をライスで表現。三日間煮込んで仕上げる「立岩カレー」。

このお店に来たら、ぜひ頼んでみたいメニューがありました。それは、さきほどの岩をモチーフにしたという「立岩カレー」。カレーと、あの巨岩がどう繋がっているのか?待つこと数分。運ばれてきたものは……。

これはもう、見事というほかありません。

ルーは滑らかで、コクがあります。食べ始めは少し甘めに感じましたが、あとから辛さが追いかけてきました。

「3日間煮込んで仕上げています。和牛の肉も入っていますが、すっかり溶け込んでいるので分からないかも」。このカレースタイルを編み出した岡本睦美さんが教えてくれました。

スイーツも人気。ケーキはすべて自家製。フレンチトーストは島内の製パン業者に特注したハート型のパンを使っています。

「島でカフェを」。ずっと温めてきた夢を形に

お店は2018年5月にオープンしました。

周防大島町は、睦美さんの夫・政己さんの実家がある島。お店を始めるまで岩国市で暮らしていたお二人は、実家に帰るたびに「ちょっとお茶するところがあればいいな」と思っていたそうです。

「いまでこそ、島内にもおしゃれなお店がたくさんできていますが、昔はほとんどなくて。いつの日か自分たちでやってみようと夢みるようになりました」(睦美さん)

岡本睦美さん㊨と、夫の政己さん

土地を探して島内を巡り、ここに惚れ込んだとのこと。決め手となったのは、意外にも立岩ではありませんでした。

↓全文はこちら↓