「魅力のある農業のモデルになりたい」

そんな想いを胸に、元海上自衛官の男性2人が、山口県岩国市で新たなチャレンジを続けています。農業法人デナリファーム。瀬戸内海を見下ろす山の斜面にあるビニールハウスを訪れ、代表の平岡誠さんに話を聞きました。

泥臭い農業をスマートに

「まあ、ひとつ食べてみて下さい」
ハウスに入るなり、平岡さんから摘み取ったばかりのイチゴをいただきました。

甘い香りが口いっぱいに広がっていきます。大きさの割に水っぽさがなく、しっかりと果肉が詰まっています。

「余分な水分を与えない高設土耕栽培だから、この味が生み出せるんです」と平岡さん。ハウスは全9棟、計23アール。各ハウスの温度、湿度、日射量、二酸化炭素量などはコンピューターで制御。ハウス内は設定数値に自動調整されています。

各ハウスの状態をチェックする平岡さん

観測データはすべてクラウドへ集約。近隣イチゴ農家5軒ともデータを共有し、より良いイチゴができるように互いに研究を重ねているそうです。
「単独でなく、みんなで勝ちに行くという考え方。泥臭い農業と最先端の科学技術を使うことで、より工業的に、スマートに生産性を高めていくつもりです」(平岡さん)

***

元自衛官の2人組が「新しい農業モデル」確立を目指す。