下関市の中心部、市役所や唐戸市場からほど近い場所にあるコーヒーショップ「NO WAVE COFFEE」。オープンから3年余り、地元を中心に市内外から訪れるお客さんに、「型にはまらない」エスプレッソコーヒーが人気を集めています。

エスプレッソのおいしさを愉しむ

「本当に、コーヒーしか出さないコーヒーショップなんですよ」―。
そう笑って話すのは、オーナーでバリスタの玉峰亮輔さん。
軽食やスイーツなどのメニューはなく、自家焙煎した豆をエスプレッソマシンで淹れるコーヒーを提供しています。
と言っても、ドリンクは「ブラック」だけではありません。
「エスプレッソを使って、カフェラテやカフェモカも作ります。カフェラテ一つとっても、エスプレッソが濃い味が好きな方、逆に薄めが好きな方、とにかく甘いコーヒーが好き、などお客さんの好みの数だけコーヒーの飲み方があると思うんです。ご要望に合わせて変えられるので、とにかく型にはまらないエスプレッソを使ったドリンクを楽しんで頂けたら嬉しいです」と話します。

甘めのコーヒーをオーダーした私。玉峰さんは「チョコレートは入れますか?」「コーヒーの味は薄めがいいですか?濃いめがいいですか?」「シロップは多めがいいですか?」など細かくオーダーを聞いてくれます。
作っていただいた「モカ」はスッキリとした味わいでおいしく、チョコレートや牛乳の甘みと、エスプレッソの苦みの両方をしっかり感じられました。

***

「今まで飲んだコーヒーで一番美味しい」と言ってもらえることが何よりの喜び。