「コーヒー豆の個性を見極め、引き出し、お客さまの好みに合わせて提供するコンシェルジュでありたい」―。
下関市の自家焙煎珈琲店「SIMONS COFFEE(シモンズコーヒー)」のマスター原孝さんはこう話し、世界各地のコーヒーを提供しています。

大学時代に出会ったコーヒー

下関出身の原さん。コーヒーとの出会いは学生時代に遡ります。

「福岡市の大学に進学し、ふと入った老舗珈琲店『珈琲舎のだ』で衝撃を受けました。コーヒーのおいしさやお店の雰囲気はもちろん、黒いバーテンコートに蝶ネクタイをしめたスタッフの佇まいや接客がとてもかっこよかったんです」。

***

自家焙煎コーヒーとスイーツのお店を開き、長年の夢を叶えたのは48歳のときでした。