ネイティブ. メディアとは

本メディアが目指すこと

2017年10月、「地方創生を業界化する」というミッションを掲げ、私達はネイティブ.メディアをスタートしました。

各地で活躍する人たちを、独自の取材で紹介し、おかげさまで2年足らずの間に、

年間のべ15万人以上の「地方創生関心層」がアクセスするメディアに成長しました。

時代は令和に移り、世の中の様々な仕組みが大きく変わってきました。

人生100年時代を迎え、大企業でも終身雇用は終わりを告げ、年金だけに頼れない社会。

私達は、改めて「どうしたら幸せに生きられるか」を真剣に考える時代に生きています。

その生き方は、今までの様な「教育→就職→引退」のシンプルな3ステップではなく、

人ぞれぞれが、自分が目指す方向に向かって何度も「ライフシフト」を繰り返すようになります。

その中でこそ、「地域で生きる」という選択肢を多くの人が選ぶようになるのではないか。

私達はそう強く考えるようになりました。

なぜなら私達がこの数年、各地で出会った人たちは、

自ら主体性を持って行動し、周囲を巻き込み、素晴らしく大きな変化をもたらしている、

正に「ライフシフトの達人」ばかりだったからです。

同時に、日本の各地域は、移住定住だけを促進するのではなく、

様々な形で地域に深く関わる「関係人口」を創出するという戦略で、地方創生を進めようとしています。

こうした中で2019年8月、私達はこのネイティブ. メディアを、

この時代の大きな動きに沿う形に進化させるべく、リニューアルをいたしました。

その目的は、正に「ライフシフトを考える人たち」と、「関係人口創出を目指す地域」出会う場を作ることです。

同時に、独自のアイデアで地域に関わり、その価値で地域を盛り上げようとする様々な企業や自治体の

取り組みの情報や、その想いの発信の場を作りたい。

それが、このメディアの進化の方向性だと考えました。

ライフシフトの時代を迎え、“地方創生”は、まさに”自分創生”から始まります。

私達は、皆さんにとって多くのヒントやアイデアにあふれ、その行動のきっかけになるような、

真の「地方創生プラットフォーム」を目指していきたいと考えています。

2019年8月25日
ネイティブ株式会社 代表取締役 倉重宜弘

サイト閲覧状況

サイトのアクセス規模

年間のべ15万人以上がアクセスしています。
・昨年度に比べ、年間のべアクセス者数は、約1.8倍と急成長しています。

SNSのリーチ規模

Facebookページでは、1投稿あたり約3,000~5,000人へのリーチが可能です。

閲覧者の傾向

・アンケート調査によると、90%以上「地方創生」に関する関心が高く70%以上が移住も”あり”だと考える関係人口潜在層」がアクセスしています。

大都市圏在住の即戦力世代(24~44歳)が70%以上と大半を締めていて、自治体の関係人口創出のターゲットそのものになっています。

お問い合わせ

ネイティブ.メディアへのお問い合わせは、是非お気軽に、こちらからお願いいたします。

以上