地域と関わるヒントを見つけよう!

コロナ禍で移動が制限された、2020年。

働き方や生きがいを見つめなおす中で、都市を離れた地域に関心が高まった方も、少なくないのではないでしょうか。

下川町は、暮らしの拠点として、もしくは好奇心やキャリアをアップデートさせる場所として、いろいろな方の受け皿になっています。

空港からも遠いし、電車も通っておらず、冬はマイナス30℃にも下がり、一見不便で閉鎖的な町。ですが実は、多様な世界へつながるフィールドになっているのです。

マイナス25℃になった朝、雪原へ遊びに行きました

イベントでは、下川町と、それぞれの距離感で関わっている3名の事例をご紹介します。

例えば、移住して、地域の人々と“密”に交流し、やりたいことを形にしていくスタイルや、もしくは移住せず、多拠点の一つとしてリモートで地域と関わるスタイルなど、実践しているプレイヤーが登場。

どういう方法で関わりの糸口を見つけたのか、今どんなことをしているのか、お話していただきます。

下川町は、ビジネスとしてでも趣味としてでも、チャレンジしてみたい人にとって、活用できる余白がいっぱいある町。これからの地域との関わり方のヒントを見つけに、ぜひご参加ください。

イベントの詳細

◆タイムスケジュール

20:00~ イベント開会、イベント説明
20:10~ 下川町と関わる3名によるトークイベント
「地域の関わりしろの見つけ方」
【トークテーマの一例】
・現在、下川町とどのように関わっているか?
・地域の関わりしろはどこにあると感じているか?
21:00~ 質問コーナー(参加者から事前にいただいた質問にお答えします)
21:20~ オンラインコミュニティ「ベアラボ」の紹介
21:30  イベント終了

◆開催日時

・開催日:2021年2月9日(火)
・開催時間:20:00~21:30

◆使うツール

・Zoomを利用します。
(フォームから参加申し込みをされた方に、個別にURLをご連絡いたします)

◆参加方法

以下より参加申し込みをされた方へ、参加URLをご連絡いたします。

◆登壇者

大滝 昇平

合同会社東京フリーランスCOO。フリーランス時代にTwitterでWeb制作の学習ステップを発信→のべ10万人以上に読まれてスクール化。2020年には受講生数たぶん日本一(約5000人)のオンラインスクール「デイトラ」をスタートさせ、運営中。2019年には下川町と提携してプログラミング合宿などを実施した。

河村 奈央子

1988年生まれ、北海道北広島市出身。東京大学農学部、同大学院卒業。長野県のクラフトビール会社に勤務後、脱サラして東京でフリーランスとしてヴァイオリンの演奏と指導を行っていた。コロナの影響を大きく受けるなかで人生の方向性を考え直し、2020年の11月に下川町に移住。現在は日々、下川製箸で白樺の割り箸を作りながら、これからどのような下川ライフにしていこうか夢をふくらませている。

立花 実咲

1991年静岡県生まれ。編集者。ウェブメディア「灯台もと暮らし」の立ち上げと編集をおこない、2017年5月から3年間、北海道下川町の地域おこし協力隊として広報を担当。2020年の春からはフリーランスとして編集、執筆、企画、広報などをおこなう。下川町の自宅で民泊「アナグラム」もマイペースに営業中。

鳥井 弘文(司会)

1988年、北海道・函館市生まれ。慶應義塾大学法学部法律学科卒。大学卒業後、中国・北京へ渡り日系ITベンチャー企業に勤務し、中国版Twitterと呼ばれる微博(ウェイボー)を中心とした日本企業の中国国内PRに携わる。帰国後は、これからの生き方を考えるブログ「隠居系男子」を運営開始。2014年9月に起業し、株式会社Waseiを設立。これからの暮らしを考えるウェブメディア「灯台もと暮らし」のほか「Wasei Salon」というオンラインサロン運営や、企業やメーカーのオウンドメディア運営も手がけている。