[おすすめ書籍]『東京脱出論〜藻谷浩介×寺本英仁 共著〜』おこもり時間に読みたい!

誰しもにとって未曾有だったこの1年を締めくくるのにオススメ!本著は、あの「里山資本主義」で著名な地域エコノミストの藻谷浩介さんと、島根県邑南町の職員で、食を中心とした町おこしで目覚ましい成果をあげている寺本英仁さんという地方創生業界のど真ん中のお二人が、コロナ禍の緊急事態宣言の真っ只中にZoomで対談した内容をまとめたという、正に「今年ならでは」の著書です。その内容は、あの最初の混乱や緊張感の中で多くの人がそうだったように、正に未曾有の状況で感じた葛藤や問題意識が、当時の空気感の中での会話としてありありと記されています。ライブ感のあるお二人の対談によって、当時の気持が生々しく蘇ってきます。あれから半年以上が過ぎ、また違う段階を迎えて尚、事態は未だ収束の兆しもありません。それなのにある意味"懐かしい"というか、もっと大昔のことのような不思議な感覚になります。それと同時に「あのときの感覚は忘れてはいけない」ということを強く感じます。思えば約10年前、私達は東日本大震災でも同じような(といっては語弊があるかもしれませんが)経験をしました。でも直接被災した人以外は(自分も含めて)、すでにあのことを忘れたかのように過ごしている人がほとんどといっていいでしょう。いい意味で私達は「忘れる」動物でもあります。でも、同時に大きな変化に対応するためには、やはりある程度の「感覚」は脳に刻み込む必要がある。そう強く感じました。2020年は、コロナ禍によって多くの人の価値観が本当に大きく揺らぎました。今を生きる私達には絶対忘れられない年になるのは、間違いありません。これほどまでにテレワークは普及し、働き方の感覚が激変したことはかつてありません。地方への関心が高まり、移住を真剣に考え始めた人が急増したとも言われています。お二人はある意味、地方の現場を最もよく知る代表的な存在です。以前から現代社会の危うさや、地域でこそ育まれる可能性のある新しい価値観、またそれらに伴う社会の変化ついて考え、行動し、発信してきたからこそ、それらをコロナ禍が加速した部分をより強く受け止め、その本質を非常にわかりやすく語れているのだと思います。2020年は、世界中の人達が「これからどうやって生きていこうか」という"人生最大のテーマ"に向き合った年でした。その思考やプロセスはもちろん様々ですが、こと日本においては、みんなが薄々気づいていた日本固有の「生きづらい社会」への共通の問題意識に、コロナ禍によってかなりダイレクトに問いかけられたとも言えるでしょう。お二人の言葉のラリーも、正にそのボールを的確に打ち返し続けるようなリズム感と納得感で構成されているようでした。あなたにとっての"東京"とは何か?本著は「東京脱出論」というセンセーショナルな題名が、非常に大きなインパクトをもって目を引きます。もちろん前述の論旨の中で、過度に人口が集中するデメリットが元凶である"地方創生"や"少子高齢化"の問題を論じるときに、「東京」は正にその問題そのものを表す言葉です。しかしそれ以上に本著で語られている"東京"というのは、もしかしたら人それぞれ違うものを表すための、「象徴的な言葉」なのかもしれないと私は感じました。近年大きく変化する社会環境のなかで、コロナ禍がその変化を加速する状況に飲み込まれてもなお、私達は何かに「囚われて」いるのではないか。「呪縛」なのか、「固定概念」なのか、はたまた本著で何度も使われる「共同主観」なのか。私達自身が変化し進化すべきベクトルとは”逆”に作用するものに対して、個々人がどう向き合ってどう動いていくべきか。それに気づいた人からは、ほんの少し先の景色がどのように見えるか。本著のあちこちに、そのエッセンスがちりばめれていると感じました。「コロナが日本を変えてくれるわけではない。この状況に置いて、自分がどう変わるかだ」本著のエピローグに、藻谷さんはこのような主旨のことを書かれています。このエピローグにはさらに深く強烈なメッセージが加えられています。私にはそれが本当に強くズシンと響きました。いい意味で、あの緊急事態宣言下の自分の脳細胞の活性状態を蘇らせてくれます。3~4時間で読める読みやすさと、大きな気づきを与えてくれる良著で、この年末年始には本当にオススメです。(↑クリックしてAmazonへ)  [...]

By |2021-01-07T13:46:42+09:002020.12.30|Tags: , |

【地方移住検討中】住んでよし、訪れてよしの福岡に移住したい。

最近は芸能人の地方移住も進んでいる。福岡に移住した芸能人では、「残念!」で一世を風靡した波田陽区さんや、おすぎさん、中澤裕子さんなど。仲間内でも福岡転勤やUターンした人が何人かいる。福岡へ行った人の共通ワードが「福岡から動きたくない」だ。筆者も3年ほど福岡で過ごしたことがあるが、同じく「福岡から動きたくない」になっていた。移住先としても注目される福岡、何がいいのか? を整理しておきます。 [...]

「ワーケーション」を検討するならチェック!いま話題のワーケーションを支援する自治体の取り組みまとめ〜西日本編〜

リゾートや地方で休暇を取りつつ仕事もするという働き方で話題となった「ワーケーション」。今年7月に環境省が推進する方針を打ち出したことを踏まえ、自治体でも徐々にワーケーションを支援する動きが出てきています。 サテライトオフィスの案内から、情報提供まで。滞在先選びの際にも参考になる、自治体を中心とした支援の取り組みをまとめました。 [...]

国家戦略特区、福岡の縁の下の力持ち。「若き起業家を支える公認会計士」という働き方

21大都市中、開業率が3年連続1位、起業者総数における若者の割合も1位を獲得し“スタートアップ都市”としての勢いが加速する福岡市。ベンチャー対象の法人市民税免除や外国人の創業活動を促進するスタートアップビザ、官民協働型スタートアップ支援施設の設立など、創業支援を政策に掲げた市による手厚いサポートが開業率を大きく引き上げている。 こうして盛り上がるスタートアップを陰で支えるのは、起業した若い経営者を支える公認会計士の存在だ。福岡市の中心部に事務所を構える、株式会社Faroの森藤大帆さん、磯谷武明さんにお話を伺った。 [...]

経営手法を活かした政策で日本一に! 糸島に人生を救われた市役所職員が歩んだ、スーパー公務員誕生の道のり

内閣府主催の「地方創生☆政策アイデアコンテスト2016」で最優秀賞を受賞し日本一となった市役所職員がいることを、皆さんはご存知だろうか。全国から出場した486組のトップに輝いたのは、地方公務員でありながら経営修士(MBA) の学位を持つ、糸島市役所企画部秘書広報課ブランド推進係の岡祐輔さん。「公共経営に民間手法を取り入れていきたい」と語る岡さんが取り組むのは、地域連携のマーケティングモデルで糸島の小規模事業者を活性化させるプロジェクトだ。 [...]

「ふともずく」の売り上げ6倍増を達成!MBA公務員が主導した市役所発の官民連携マーケティング

自然豊かで食材豊富、都市圏へのアクセスも良好。多くの移住者が移り住み、週末は観光客で賑わう福岡県糸島市。メディアで取り上げられる頻度も増え、今や全国的に注目されている。 一見順調に見えるエリアだが、 [...]

Go to Top