「第二のふるさとを探す旅」第3回は、8月14日(土)15時~、海と山とモノづくり文化に恵まれた京都・丹後から、100年後も持続可能な地域づくりにむけたチャレンジストーリーをお届けします。7月の南紀熊野の旅の振り返りとあわせてどうぞ。

こんにちは。私は、ローカル線 気の向くまま途中下車ぶらり旅だいすきな、「第二のふるさとを探す旅2021」ナビゲーターのたびぐらしです。感染拡大とオリンピアンの奮闘が続くこの夏、皆さま複雑な思いを抱えながらいかがお過ごしでしょうか? [...]

移住者自身が、「わかやま暮らし」の魅力をSNSで発掘・発信する「ローカル情報発信Lab. in 和歌山」第3期生募集開始、オンライン併用で全県から参加可能に

  和歌山県移住定住推進課と、全国各地の住民とともに地域の魅力を発掘・発信する合同会社イーストタイムズは、「わかやま暮らし」の発信により、共感者の移住を促す「移住者情報発信力強化プロジェクト」の3年目の取り組みを開始し、7月27日より、9月開講の『ローカル情報発信Lab. [...]

アドベンチャーワールド×滋賀県立大学 陶器浩一研究室 すべて竹!! パンダバンブー モバイルワーケーションスポット誕生!! 日本初!! サファリワールドに自然体感型リモートオフィス

   コロナ禍において多様な働き方が生まれる中、アドベンチャーワールド(和歌山県白浜町)では滋賀県立大学  陶器浩一研究室(滋賀県彦根市)と共同で、サファリワールドに日本初の自然体感型竹製モバイルワーケーション スポットを企画・設計、設営いたしました。素材となる竹60本を切り出し、葉の部分はジャイアントパンダに与え、残る幹や枝をすべて活用することで放置竹林の課題解決・循環型社会にも繋げます。 [...]

南紀白浜が「ワーケーションの聖地」と呼ばれる5つのポイント

ワーケーションの聖地・和歌山県白浜町。2020年から注目を浴び始めたワーケーションですが、白浜町は全国の自治体に先駆けて2017年からワーケーションを推進しています。 コロナ禍以前からワーケーションに注目していた背景、現在の白浜町のワーケーション事情を紹介します。 [...]

「ワーケーション」を検討するならチェック!いま話題のワーケーションを支援する自治体の取り組みまとめ〜西日本編〜

リゾートや地方で休暇を取りつつ仕事もするという働き方で話題となった「ワーケーション」。今年7月に環境省が推進する方針を打ち出したことを踏まえ、自治体でも徐々にワーケーションを支援する動きが出てきています。 サテライトオフィスの案内から、情報提供まで。滞在先選びの際にも参考になる、自治体を中心とした支援の取り組みをまとめました。 [...]

Go to Top