fbpx

空き家を複合施設へ!江田島市の未来のためクラウドファンディング挑戦中

  広島県・江田島市では、社会問題のひとつである「空き家問題」に取り組む地域おこし協力隊が、人口減少に少しでも歯止めをかけるため、空き家利活用モデルを増やしたいとクラウドファンディングに挑戦中。江田島市の中でも飲食店が少なく、人の集まる場所が無い切串エリアで空き家を生まれ変わらせ、複合施設を作るためのクラウドファンディングを始めました。 [...]

呉の逸品を集めたモール型PR冷凍自動販売機、「呉ものがたり」の導入が決定!

  有限会社枝岸新聞舗(広島県呉市本通8-5-11:取締役 枝岸元)は、2022年2月1日より、三井のリパーク呉駅前にモール型PR冷凍自動販売機「呉ものがたり」を設置し、呉の逸品の販売を開始いたします。販売開始の際には設置場所にてイベントの開催も企画しております。 [...]

By |2021-12-23T19:54:10+09:002021.12.23|

【事業者 急募】もったいない!空き家利活用モデルを増やすプロジェクト始動中

  広島県江田島市・江田島町切串エリアで空き家を改装し、複合施設を作りたい!江田島市地域おこし協力隊・空き家活用ディレクターが中心となり動くプロジェクトに参加する事業者を募集しています。 [...]

【特集】地方発DXをリードする起業家たち〜なぜ彼らは広島県を選んだのか?

広島県がデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進する一環として取り組んできた「ひろしまサンドボックス」のネクストステップとして、2020年秋に始動した「D-EGGSプロジェクト」。ニューノーマル時代の課題をデジタル技術で解決するアイデアを全国から募り、最終審査を経て30の案が採択されました。 この特集では、コロナ禍で加速するニューノーマルを切り拓く挑戦者たちが、どのような想いでプロジェクトに参加し、それぞれの課題に取り組んだのかを紹介します。 [...]

自動配送ロボットを活用した物流インフラで暮らしをアップデートしていきたい 〜Yper株式会社 内山智晴さん【地方発DXをリードする起業家たち】

「新しい社会インフラを創る」をミッションに掲げるYper株式会社(https://www.yper.co.jp/)。 代表の内山智晴さんは、海外に滞在した際に日本の宅配インフラのレベルの高さと同時に、荷物を届けるために配送員が何度も訪問する「再配達」という社会的課題が見えた。労働人口が減少していく中、荷物を届ける最後の区間であるラストワンマイル物流の整備は社会課題の解決につながると考え、2018年に再配達をなくす置き配バッグ事業を立ち上げた。置き配バッグで得られた知見や関係性から、ラストワンマイルを自動化・省人化することで配送効率をより上げられるのではないかとのアイデアが今回の自律走行型配送ロボット「LOMBY(ロンビー)」につながった。 [...]

By |2021-11-10T15:02:54+09:002021.11.10|

オンデマンド型水上交通の実現に向けて、自律航行船を離島の新たなライフラインに。~株式会社 エイトノット【地方発DXをリードする起業家たち】

「あらゆる水上モビリティをロボティクスとAIで自律化する」をテーマに、オンデマンド水上交通の実現を目指す株式会社エイトノット(https://8kt.jp/)。 代表の木村裕人さんは、これまでロボティクス分野で様々なプロジェクトに携わってきた。ロボット開発、商品企画などの専門知識、経験、そして趣味のマリンスポーツを掛け合わせて、社会的な課題を解決できるような面白いことを!と、小型船の自律航行技術の開発をメイン事業として、2021年3月にエイトノット立ち上げた。海は広いが制約が多く、気軽に、自由に移動することは難しい。自律航行船を開発・活用することで、人口減少、高齢化といった離島の経済・社会状況の改善につながり、新たな水上経済が生まれるのではないか、と考える。 [...]

By |2021-11-10T15:04:31+09:002021.11.10|
Go to Top