「地元で仕事がしたい」「地元を活性化させたい」「地方活性化に携わりたい」…
そのような考えを持って「まいぷれ事業」に参画された方の中には、
まいぷれ事業で独立・開業をされた方が20名以上いらっしゃいます。
全5回に渡って、独立開業をするためにやるべきことを解説していきます。

第2回は「資金調達編」です。

第1回はこちらから

会社の設立が完了した後は、新しく始める事業にかかる資金を調達していきます。

※業種/業態によっては資金調達が不要な事業もありますが、今回は初期投資のかかる事業を想定してお話しします。

■創業時の資金調達方法

一口に資金調達をするといっても、様々な調達方法があります。
まずはどんな調達方法があるのかを見ていきましょう。

金融機関からの融資による資金調達

もっともベーシックな資金調達方法です。
政策金融公庫やメガバンク、地銀、信用金庫などなど…たくさんの金融機関が存在します。
創業をして事業を始める場合は、金利のことなどを考えて「政策金融公庫」がおすすめです。

そのほかの資金調達

・ベンチャーキャピタル(VC)などから出資を受ける
・クラウドファンディングで出資を募る
・補助金/助成金を受け取る

■金融機関から融資を受ける手続き

本記事では、もっともベーシックな“金融機関からの融資による資金調達”について紹介していきます。

創業計画書の作成

“どんな経歴の人” が “どんな事業”を始めるのか?
その事業をはじめるにあたって、“なに” 対して “いくら” 必要なのか?

などを記入した「創業計画書」を準備します。

金融機関との面談

書類の準備ができたあとは、金融機関と面談を行います。
面談では、創業計画書に記載している内容について聞かれるので、回答で困らないようにしっかり準備をして臨みましょう。

融資確定/実行

面談の結果、融資が確定したあとは、契約の手続きを行います。
手続き完了後、法人口座に融資金額が振り込まれます。
※融資実行前に法人口座の準備もしておきましょう

■最後に

今回は資金調達、特に金融機関からの資金調達についてご紹介しました。
創業計画書の作成や金融機関との面談は、しっかり準備をすることが重要です。
とはいえ、初めての方は“計画書作成のポイント” や “面談対策方法”など分からないことが多いと思います。

弊社では「まいぷれ事業」で新規創業される方向けに「資金調達サポート」をご用意しており、創業計画書の作成や面談対策、面談への同席といった融資申請前から融資実行まで一貫した支援を行っています。
はじめての資金調達で不安な方も安心して事業に参入することができます。

<資金調達サポートについての記事はこちら

次回は「体制構築」について解説していきます。

第1回はこちらから

==========
全国500以上の地域にて地域情報プラットフォーム「まいぷれ」を元気いっぱい運営中! 新たな「まいぷれ」を担う、運営パートナー企業・事業主様を募集しております。

↓資料請求はこちら↓
https://partner-mypl.net/lp/#form

●「まいぷれ」運営パートナー企業募集について https://partner-myplnet.satori.site/relocatetolocal
●地域情報サイト「まいぷれ」 https://mypl.net/
●会社公式HP https://www.futurelink.co.jp/
●プレスリリース https://www.futurelink.co.jp/topic/
●新規事業をご検討の方向けにFacebookページを開設いたしました https://www.facebook.com/mypl.develop/
●お問い合わせ●
株式会社フューチャーリンクネットワーク 事業開発部
TEL:平日 047-495-0525
土日祝 090-9850-9843
Mail:fln@partner-mypl.net