今回は、地方移住で大きなテーマとなる家探しについてまとめます。これから田舎暮らしを検討する方に、賃貸や購入などの選択肢のメリット、デメリットをまとめます。

田舎の空き家探しは都会とはまったく違い、難しく大変でもあります。

早めに知識をつけ、準備することが大切です。

地方移住と同時に家の購入をおすすめしない理由


田舎へ移住を目指す時に、家の問題が出てきます。田舎の戸建て空き家は、家主が息子や孫の世代で、田舎におらず、売却希望が多いのが実情です。ただ、移住希望者の立場にたつと、購入はおすすめできません。費用がかかるうえ、その地域に定住できる保証がどこにもないからです。定住できず、引っ越した場合、すぐ売れる保証もなく、固定資産税などの支払いは負債となってしまいます。

山口県への田舎移住で賃家を探した方法

田舎で賃貸住宅を探す方法は、
■自治体の空き家バンクを探す
■不動産屋の募集を探す
■地域のインフルエンサー、空き家に関わる人に声掛けをする
の3つが主にあります。

自治体の空き家バンクは、シロアリの被害がないなど役所の基準を満たした住宅のため、リスクが低いです。空き家改修の補助金が活用できるのが一般的です。デメリットとしては、登録される物件数が少ないことです。

田舎の不動産屋は、街の不動産屋とは大きく異なります。都会ほど熱心さがありません。空き家募集時に不動産業者に入る仲介手数料の問題があります。家賃×1.1か月が上限のため、田舎の安い家賃の住宅を仲介しても、もうからないのです。なので、売買物件の割合が多く、賃貸は少ないのが実情です。

意外と有力なのが、田舎では地域または集落ごとに空き家事情に詳しい人をたよる方法です。そういったキーパーソンが現所有者の連絡先を把握しており、人に貸せるかを把握しています。

その場合、荷物や仏壇が、残っている方が多いのが実情です。そういった状態で内覧し、それ以降は所有者との交渉になります。

賃貸借契約書をかわさず、部屋を急に追い出されたなどのトラブルが、ネット上に飛び交っているし、私自身も耳にしたことがあります。地域の不動産業者に契約をお願いするなどして、事を進める必要があり、忍耐が必要です。

ただ、家賃は都会のように相場は一律でなく、家主様の人柄などによっては、安い値段で借りられる場合もあります。移住後に家主所有の田や畑を管理したり、信用を重ねることで、家賃を下げることもできます。

自治体運営の1年間のお試し住宅や公営住宅も候補に


おすすめなのが「お試し移住」用の住宅です。最近は、移住者の獲得競争のため、自治体が安価に1年間お試し移住できる住宅を準備するケースも増えています。

公営住宅に住むのも良い方法です。民間の賃貸住宅だと、敷金、礼金、仲介手数料、家賃保証会社、火災保険など多額の費用がかかります。

公営住宅だと、敷金は全額返金されるケースが多いと聞きます。礼金、仲介手数料、家賃保証会社の費用は不要です。収入に応じて家賃が決まる制度のため、移住する際に退職済で無収入であれば、家賃が低く抑えられるケースが多いです。制度の詳細は、自治体によって異なります。

まずは貸家で!移住後に購入できる家を探すのがおすすめ


移住時は賃貸で借りて、その後、購入する家を探すのがおすすめです。移住検討時に聞いた話でも、移住数年後に探して、無料で行政書士による登記などの手数料だけで購入させてもらった事例も耳にしました。

築70~80年を超える古民家は人気がありますが、築年数のあまり、購入後に改修費用が高くなる場合があり、ハードルが高い印象です。すきま風が多く、暮らしにくかったりもします。一度、賃貸を借りて生活しながら、別に空き家を探して古民家リフォームを行う移住者もいます。

移住候補地に夏や冬の両方の季節訪問して、暑さ、寒さ、雨、風など気候の環境をしっかり把握して、決めることも大事です。

田舎移住は、家と仕事と住む地域(集落)の3つの大事なポイントがあります。

人口減少や団塊の世代の高齢化、田舎の空き家は今後増える一方です。急がず、まずは賃貸で住宅を確保するのがおすすめです。

【経歴】広島県生まれ。関西学院大学卒業後、新聞社や不動産管理会社に勤務。田舎の温泉に10年通うなかで田舎暮らしに魅力を感じ、2021年7月に、夫婦で山口県光市の限界集落に地方移住。Twitterや移住ブログ『温泉おたくのち夫婦移住』で移住や田舎暮らしに役立つリアルな情報を発信中。2022年2月電子書籍「失敗しない!1年で地方移住・田舎暮らしする方法」をAmazonKindle出版Twitter移住ブログは⇦それぞれ青字をクリックすると読めます