• 田舎で地域の方とうまくいくコツってありますか?
  • 移住した人が失敗してしまう理由って何ですか?
  • 移住する時に気をつけた方がいいことはありますか?

移住した後に、地域に馴染めるか心配ではありませんか?

 

✓この記事で分かること

  • これから地方移住する人が地域コミュニティに入っていく時のコツ
  • 地域に入っていく時のコミュニケーションで失敗する人の特徴
  • 地域の方から信頼を獲得する方法

 

✓この記事を書いた人

こんにちは。

東京から淡路島へ移住した、地域ブロガーのこばだんなです。

現在は、現役の地域おこし協力隊として古民家のリノベーションをしたり、過疎集落の地図インフラを構築したりしています。

 

本記事では、地方移住を通して学んだ「地域コミュニティの信頼を損ねる人の3つの特徴と解決策」について解説します。

 

本記事を読めば、これから地方移住をされる方が、上手に地域コミュニティに入っていくためのコツが分かるようになりますので、ぜひご覧ください。

 

先に、地域コミュニティの信頼を損ねる人の3つの特徴と解決策をご紹介します。  

  1. あいさつができない
  2. 雑談ができない
  3. 説明できない

基本的な内容と思われがちなものから、本当は大切にしないといけないことまで、1つずつ深堀して開設していきます。

 

 

あいさつができない

移住者が地域コミュニティに入っていく時に、住民の方の信頼を損ねる人の特徴は「あいさつができない人」です。

 

地域コミュニティに関わらず、人と人との信頼関係を作っていくためには、コミュニケーションを積み重ねることが必要です。

 

あいさつはコミュニケーションの玄関口になりますので、あいさつができないと信頼関係を構築していくスタート地点にも立てません。

 

田舎には、

  • 「集落」
  • 「職場」
  • 「消防団」
  • 「行事の関係者」など

小さいながらもたくさんのコミュニティがありますから、移住者の方も新しいコミュニティに接触する機会も次第に増えていくでしょう。

 

移住者の方は、良い意味でも悪い意味でもコミュニティで目立つ存在になりますので、一挙手一投足が注目されがちです。

 

あいさいは、地域の方と信頼関係を築くきっかけになりますので、たかがあいさつとバカにせず元気なあいさつを心がけましょう。

 

 

雑談ができない

地域の方と信頼関係が作れない人には、「雑談ができない」という特徴もあります。

 

家の前や道端でばったり遭遇した時の井戸端会議など、中身がないかもしれない雑談にも実は意味があります。

 

 地域の方と雑談をすると「あなたと同じ空間を過ごした時間」が積み重なります。

 

地域の方との信頼関係を作っていく時に、一緒にただそこにいるという時間が、実は大切だったりします。

単純接触効果とも言ったりしますが、人は何かを繰り返し見たり聞いたりすると、好意的に感じたりポジティブな印象になったりします。

 

 

田舎暮らしをするなら…

  • スーパーなどで近所の人を見かけたら、自分から積極的にあいさつしたり、井戸端会議に立ち寄ってみる
  • 雑談せずとも、玄関掃除や畑の作業、こどもやペットとの散歩などで頻繁に姿を見せる

 

 

このように、日常的に雑談をするきっかけをつくったり、あいさつからコミュニケーションのきっかけを作ることが大切です。

 

また、雑談に至らなくても農作業や散歩などで姿を見せることも効果があります。

 

それだけ、田舎の人は街の様子をよく見ています。

 

地域の方と信頼関係を作るには、ある程度時間がかかりますが、特別なことは必要ありません。

 

逆に、雑談をしたり一緒に時間を過ごすことができないと、なかなか地域コミュニティとの信頼作りはできませんので、これから地方移住される方は、意識すると良いでしょう。

 

 

説明できない

移住をして地域の人から信頼を得るには、説明責任を果たしましょう。   シンプルに「素性が分からない人」は信頼できません。  

  • 自分は誰なのか
  • どういう目的で地域に来たのか
  • これから何をするのか

 

こういった素性を、あいさつや雑談の機会でしっかりと話していくことが大切です。

 

「こんなことは言わなくてもいいか…」と、思うほど細かい情報も意外と気にしていたりします。

 

例えば・・・

  • 出身はどこなのか
  • 家族はいるのか
  • 仕事は何をしているのか
  • なぜ移住してきたのか
  • これから何をするのか
  • どのあたりに住んでいるのか
  • 何の車に乗っているのか

 

地域の人は、移住者の方から丁寧な説明を受けると、その人を安心して受け入れることができます。

先ほどご紹介した「あいさつができない」人や「雑談ができない」人は、自分の素性を説明する機会を失っているので、信頼感を積み重ねることができません。  

 


あいさつができない

雑談ができない

説明責任を果たせない

信頼が作れない

 

こういった悪循環に陥ってしまいますので、結局地域の信頼を獲得できず、移住した後の暮らしがよくなりません。

 

田舎の地域コミュニティは、自分たちで地域を守る”自警意識”が高いので、説明不足の人は怪しまれてしまう傾向にあります。

 

あなたがこれから地方移住するのであれば、「あいさつできない→雑談できない→説明責任を果たせない」という悪循環に陥らないように気をつけましょう。

 

 

そして逆に考えると…


あいさつできると

雑談ができて

説明責任を果たせる

信頼がつくれる

 

このように、今回の3つのポイントを押さえておけば、地域コミュニティの信頼を得ることができるようになりますので、ぜひ試してみてください。

 

【まとめ】地域コミュニティの信頼を損ねる人の3つの特徴と解決策

 

  1. あいさつができない
  2. 雑談ができない
  3. 説明できない

 

いかがでしたでしょうか。

地方移住に興味がある方の参考になれば幸いです。

 


 

本記事のライターは、Nativ.mediaの地域ブロガーとしてチャンネルを開設しているこばだんな ( @iju_kobayashike ) です。

 

地方移住や地域おこし協力隊、移住後の働き方について発信するメディア「移住後の働き方戦略室」を運営しています。

 

移住後の働き方戦略室では、テキストメディアの他に音声メディア(stand.fmでも情報を発信をしています。

読者・リスナーの方が無理なくインプットできる”ながら聴き”向けに、毎日1話あなたの耳に役立つ情報をお届けしています。

 

このライターの記事がまとめて読める「Nativ.チャンネル」はこちら

>>移住者ブロガーこばだんな|移住後の働き方戦略室