【ふるさと納税】寄付額10万円だとやっぱりすごい!おすすめ高額返礼品5選

いろいろ話題になりましたが、災害支援などでの役割も定着しつつあり、すっかり一般的になってきた「ふるさと納税」制度。年末はやはり利用者がもっとも増える時期です。また、今年度からルールも変わり、返礼品の内容や返礼品率に制限が設けられたため、地域へのお礼の品として「?」なものや、"極端にお得"なものはなくなりました。しかしそのメリットや実際の"お得度"を考えると、なかなかこういうチャンスはありません。特に、高額な寄付に対する返礼品は、やはりゴージャスなものが並んでいます。そこで今回は、「思い切って寄付額10万円にしたら、一体どんなものがもらえるのか?」という観点で、オススメの商品をご紹介してみましょう。 寄付上限が10万円以上になるのは年収いくら? [...]

【特選求人】島根県邑南町で地域の”食と農”を発信する地域おこし協力隊大募集!

広島から車で約1時間半。中国山地の山間にあり、雲海も見られる美しい町「島根県邑南町(おおなんちょう)」。農業が中心の、人口1万人強の小さな町です。 [島根県邑南町の位置] [...]

【コラム】私達が「地域と共創するふるさと納税」を始めたワケ。〜その本質は”何を出すか”から”どうやるか”へ〜

昨年、何かと話題になったふるさと納税ですが、おそらくその規模は一昨年度の3,650億円よりさらに伸びたのではないかと思います。返礼品率や内容の厳格化が2019年6月以後ということで、特に昨年末は”最後の猶予”期間内。いわゆる「駆け込み需要」を巻き取った自治体もかなりあったようでした。また昨年は自然災害も多く、返礼品無しの純粋な支援も相当多かったのではないかと推察できます。巷の噂では今年度は5,000億円を超えるのではないかという声も聞こえてきました。いずれにしても2019年6月からは、改めて一定の明確なルールのもとに、より”健全化”した制度として再スタートすることになります。(参考情報;SankeiBizより) [...]

さとふる、第 5 回「ふるさと応援会議」を 1 月 23 日に開催

~和歌山県橋本市の「柿」の魅力を伝える、平成最後の「柿句会」~ ふるさと納税ポータルサイト「さとふる」(https://www.satofull.jp/)を運営するソフトバンクグループの株式会社さとふる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:藤井 [...]

【イベントレポート】道の駅が、地域を変えた。「道の駅つの」は年間70万人来訪、所得・税収UPに貢献 etc.

11月14日、一般社団法人全国道の駅支援機構による「地域を変える道の駅戦略セミナー」が開催され、120名が参加しました。 一般社団法人全国道の駅支援機構は、「『道の駅』を地域の原動力に」をスローガンに2018年7月に立ち上がった法人です。 [...]

【プレスリリース】広島県の離島の町、大崎上島町で “地域共創型ふるさと納税事業” 開始

ネイティブ株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:倉重宜弘、以下 ネイティブ)は、この度、広島県の大崎上島町(おおさきかみじまちょう)で、地元の観光協会との協業による、ふるさと納税運用事業を開始しました。 [...]