東京から1時間半から2時間で移動できる近場への地方移住が一番いい。この半年で東京近郊の移住候補エリアを20ほどリサーチした。東京から少し離れるだけで、経済的なゆとりが手に入り、自然に囲まれ、日本人らしい田舎暮らしが実現できる。今回は、下見結果を踏まえおすすめの近場移住先を3つご紹介します。

近場移住〜茨城県結城市

結城市は、歴史と文化の町。見世蔵や歴史的建造部なども豊富。本場結城紬のふるさとで、城下町としての名残と神社仏閣が多く存在する歴史が香る町。日常的な買い物は市内で完結できたり、子育て環境が整っているのも良い。隣町が小山市(中規模都市)というのも便利。
茨城県結城市
■首都圏へのへのアクセス
JR新宿→小山→結城(1時間35分)
(JR湘南新宿ライン快速・宇都宮行利用)
*新幹線やまびこを利用すれば短縮可
*都心から約70キロ圏
*車の渋滞も少ないとのこと

 
■茨城県結城市の基礎情報
位置:茨城県西部に位置(栃木県小山市に隣接)
人口:約5万人
気候:比較的温暖、年間平均気温は13.2度

 
■結城市が気になる理由
移住先としても、観光地としても
あまり知られていないところが良い。

コワーキングスペースや
公共スポーツジムがあるのも嬉しい。
 

近場移住〜茨城県那珂市

水戸市のちょっと北、東には日立市・ひたちなか市。水田地帯が広がる丁度いい田舎町。
那珂市
出典:いい那珂暮らし
 
■首都圏へのへのアクセス
JR上野→水戸→上菅谷(1時間34分)
(JR常磐線、水郡線を経由)
*高速バス:新宿駅・東京駅→那珂市役所入口(約96分)
*車(東京から約100km・約100分)

 
■茨城県那珂市の基礎情報
位置:ひたちなか市と水戸市の隣町
人口:約5.5万人
気候:比較的温暖、冬期は降雨少なく好天。

 
■茨城県那珂市が気になる理由
地域おこし協力隊員さんの活動が素敵。
賃貸物件が良質豊富で安い。

 

近場移住〜山梨県都留市

日本”新・花の百名山”に選ばれた三ツ峠山、二十六夜山など、個性ある山々に囲まれた豊かな緑と、”平成の名水百選”に選ばれた清らかな水の溢れる自然環境に恵まれた城下町の面影を残す小都市。
都留市移住
出典:定住サイト/都留市
 
■首都圏へのへのアクセス
JR新宿→大月駅→谷村町(約1時間半)
(大月駅から富士急行線)
*高速バス:新宿→中央道都留バス停(富士急高速バス)
*車(新宿から約90km・約90分)
*都留市駅まで最終(新宿20時半出発)

 
■山梨県都留市の基礎情報
位置:山梨県東部の郡内地方に位置
(市面積の8割が森林で山に近い環境)
人口:約3万人
気候:標高約500メートル。夏は涼しい。冬は平均2.5度と寒い。

 
■山梨県の都留市が気になる理由
山に囲まれた自然が良い(全面積の8割が森林)
市内に3つの大学あり学生3000人で飲食店等充実。
6つのゴルフ場が近場にある。
場所によって富士山が綺麗に見える。
御殿場アウトレットにも1時間程で行ける。

*都留市快適遠距離通勤補助金あり
JR大月駅を起点に75キロメートル以上を
定期乗車券により通勤した場合
補助額:1人につき1か月あたり1万円
 

筆者の地方移住の進捗

会社がリモートワークを推進していることもあり、移住へのハードルはかなり下がった。とは言え、大学までは都内で学びたいという娘の要望があるため、完全移住は少し先になりそう。なので第一ステップとして週末移住あるいは週中移住を検討中。家族としては、私が単身移住することで、ひと部屋自由に使えることになるし、思春期まっさかりの娘にとってパパ不在は願ったり叶ったりらしい(笑)

今のところ、移住第一ステップとして都内アクセスが良いテレワーク移住を検討

・山梨県(都留市、大月市、甲州市)
・茨城県(結城市、那珂市、土浦市)など

 

【著者】JTBグループにて地域交流事業に従事。1972年大阪市出身。関西大学経済学部経済学科卒業。エネルギーを軸とした地域財源作り、地域プロモーション、人材育成、地域ブランディングなど、様々な「地域☓ビジネスソリューション」を経験。全国の名旅館・ホテルを300施設以上を訪問し地域の課題解決に取り組んでいる。この先1〜2年で地方移住を検討中、地方移住ブログにて移住先の下見情報や補助金情報などを公開中⇒「地方移住してテレワークで働けば、人生めちゃ楽しいやん!と思う。」にて公開中。Twitterはフォロワー数が2500人。