このメディアに地方創生”業界”メディアという、やや大げさなタグラインをつけた意図については、「設立趣意」にも書きました。ここで改めて、そもそも「業界」とはどんなものなのか、「業界メディア」とはどんなものなのか、ということに触れておきたいと思います。

そもそも「業界」って?

「自動車業界」「アパレル業界」「金融業界」「飲食業界」… などなど、確立したビジネスには必ず「業界」があります。当然のことながら、同じ「業界」に所属するのは、同じ事業を営む競合他社ばかりです。「業界団体」や「業界の慣習」など、ややもすると少しネガティブに使われる「業界」という言葉。深く考える機会は少ないですが、考えてみると不思議な言葉です。「業界」を英語に翻訳してみると「industry」と出てきますが、「industry」は明らかに「産業」のほうがしっくりきます。私自身の中では、「同じ”業種”が集まって”業界”を形成し、それが世の中に無くてはならない役割を果たして大規模になると”産業”になる…」というイメージを持っています。だとしたら、「業界」を形成するとことには、2つの大きな意味があると思っています。

1つは、同じ目的や志を持つ人達がたくさんいると意識することで、互いを意識し、情報を共有したり切磋琢磨する意識が芽生えることです。
これが過度な仲間意識や、馴れ合いにまで進んでしまうと、悪い意味での「業界の慣習」になってしまいます。でも、例えそういう業界でも、そこに行くまでには多くの共創関係を生み出しているはずです。
もう1つは、その「業界」自体が「マーケット」を形成し世にその存在を可視化させるということです。もっというと、「業界」自体が価格決定権を持って「食っていける世界」になることです。これも行き過ぎると「談合」などということになってしまう例もありますが、それは一部の特殊な既得権がある「業界」で起こることでしょう。新しい「業界」は、やはり自分たちの事業の「価値」を世に問い、貨幣価値に置き換えることで、経済に組み込まれていく必要があります。そうしないとそれを職業にする人が増えていきません。
この2つは、いま世の中に存在感のある「業界」どれもが経たプロセスかと思います。

地方創生を「業界」化する意味

では、地方創生を「業界」化するというのはどういう意図なのか。「地方創生」自体が「政策の呼称」であることは過去のこちらコラム【「地方創生」と「地域共創」。似て非なるその真意とは?】でも触れました。言ってみれば上意下達のこの言葉は、ともすると”ややネガティブ”にも捉えられがちです。国の大きな予算がついて、その用途について賛否があるのもその要因だと思います。しかし「地方はどこも厳しい状況だし、国の支援を待ってないで、地方(もしくは地域)からボトムアップで良くしていくべきだよね!」ということに異議がある人は少ないでしょう。「地方創生」を「業界化」するというには、「実際にそれを担うプレイヤー達の主体性が必須」です。あちこちの現場を回っているとそういう「主体性のある人達」がすでにあちこちに生まれていることに気づきます。ある意味「地方創生の業界化」は既に着々と進んでいるとも言えますが、それを更に加速したいという思いで「業界化」という言葉を使っています。

この「地方創生業界」は、冒頭に上げた「自動車業界」や「建築業界」などとはちょっと違う性質を持つのではないかと考えています。というのも下図のように、一般的な業界は、同じ製品やサービスのグループであり、各業界の発展を通して世の中に貢献するものです。一方で「地方創生業界」は、様々な業種やサービスを横串にまとめ、しかも直接「地域の発展」を目標にしています。だからこそ、様々な業種業態が連携し、協調しながら進めることが必須でもあるのです。

図:地方創生業界のイメージ

となると、なおさら地域内にとどまらない「情報共有」や「コラボレーション」が不可欠なはずです。そういう業界だからこそ、「業界新聞」的なメディアの必要性も高いのではないか…。それがこのメディアの発想です。「ネイティブ」メディアは、様々な事例を紹介するのと同時に、それらを連携するような役割も担っていきたいと考えています。今はまだその輪の外にいる人達にも、そういう連携が見えるようなものにできると理想的です。そのことで、その輪に入りたいと思えるような発信ができれば最高です。まだまだ模索状態ではありますが、そんな野望を胸にしながら、このメディアを発展させていければと思っています。

文:NATIV.倉重