福岡県古賀市の松見達也さん(33歳)山田五香さん(32歳)(仕事:Webメディア運営、動画制作・編集)。

松見さんは福岡県や長崎県で暮らしたのち、進学を機に上京。東京都の企業に7年間勤め、2018年にUターン。海外と日本を行ったり来たりする生活を2年ほど続け、2020年春に古賀市に拠点を構えた。パートナーの山田さんは愛知県名古屋市出身。松見さんとマレーシアで暮らしたのち福岡県へ。

 

Q. 移住のきっかけを教えてください。

松見さん:独立して仕事をしたいと思ったことがきっかけです。大学卒業後、会社員として7年間働きました。仕事は楽しく、うまく行っていたのですが、いずれは独立をと考えていました。仕事はある程度やりきった、そして東京の生活も満喫したので、そろそろ独立しようと思い、福岡県に帰って来ました。何かを始めるなら東京ではなく福岡がいいと思っていたのと、ずっと住むなら愛着のある地元がいいと思っていたので、他の場所を考えることはなかったですね。2018年から古賀市の実家に戻り、海外と日本を行き来しながらフリーランスとして働いていたのですが、新型コロナウイルスの影響で日本に戻ることに。2020年4月に山田さんと一緒に古賀市に拠点を構えました。

山田さん:私は松見さんと一緒に仕事をするために福岡に移住しました。日本や海外など色々な場所を知っている彼ですが、とにかく地元の福岡を推すんです。「いろんなところで暮らしてみたけれど、福岡が一番住みやすい」とよく言っていて(笑)。そんなに言うなら住んでみようという気持ちになりました。私自身は、名古屋市にずっと住んでいて、30歳の時に会社を辞め、その後さまざまな海外の国を訪れる生活をしていました。旅というよりも“暮らす”スタイルであちこちを巡り、1~3か月ほど現地に滞在することも。そんな経験を通して、「どこでも暮らしていける」という自信がついたので、移住にも抵抗はありませんでした。

 

Q. 古賀市の印象はどうでしたか?

松見さん:住むのは久しぶりでしたが、会社員の頃から1年に2~3回は帰省していたので、そんなに変わったという印象はありません。でもその変わらない安心感が古賀のいいところだと思っています。

山田さん:私は移住して4か月くらいなのですが、すごく気に入っています。海も山も近いし、窓から見える景色は田んぼ。それが新鮮で!自然に囲まれた生活って楽しいんだと日々感じています。地元の名古屋とまったく違う環境だからこそ、良さを感じられるんだと思います。福岡県の中でももっと都会に移住していたら、こんな気持ちにはならなかったかもしれませんね。

 

Q. 生活はどう変わりましたか。

松見さん:東京で暮らしていた頃に比べると一変しました。会社員ではなくなったという点が大きいのかもしれませんが、生活のリズムが整い、ゆるやかになったと思います。以前は朝早く家を出て、夜遅く帰ってくる生活。飲み会も多かったですね。疲れがたまって休日も寝ていたり…。7年間の会社員生活はあっという間に過ぎていきました。今は時間の余裕ができましたし、すっかり早寝早起きの生活に。休日は海や山などアウトドアを楽しむことが増えました。東京に住んでいた頃は数か月に1回、電車で1時間半かけて江の島へ…というような状況でしたが、ここなら海岸まで歩いてすぐですから。そして、体を動かすようにもなりました。朝はウォーキングとスクワット、夕方はキックボクシングエクササイズをしています。東京でも隅田川のそばに住んでいたのでウォーキングに適した環境だったのですが…そんな余裕がなかったんだと思います。

山田さん:ずっと都会で暮らしてきて自然に触れる機会も少なかったので、暮らしがまったく変わりました。ここの土地の空気や豊かな自然がそうさせるのか、心も体ものびのびとしたと感じています。朝起きるのも、仕方がなくではなく、自分のために起きるという気持ちになりましたね。そして古賀で暮らすようになっていろいろな目線が変わった気がしていて。地産地消や自分の健康、そういったところを気にするようになりました。

松見さん:そうそう、地産地消というのはすごく意識するようになりましたね。東京は近くのスーパーとかで安いものを買っていましたが、今は地元の農家さんが育てたものを選んでいます。古賀はもちろん、福津市や宗像市まで足をのばし、産直市や道の駅で朝採れ野菜、漁港に水揚げされたばかりの魚介などを買うのも楽しいですね。

山田さん:得意ではなかった料理も大好きになりました。新鮮な野菜や魚を見ていると「どうやっておいしく食べよう」と自然と考えるようになったほど(笑)。2人ともお酒が好きなのですが、料理を作って家で飲むのが楽しくなりました。料理が好きな人にとっては、こういった食材の宝庫はたまらない場所でしょうね。

松見さん:そのほかにも暮らし全般を楽しむようになったと思います。食事や運動以外も、快適に過ごせるように部屋の掃除や洗濯をこまめにしたり。“丁寧な暮らし”を実践できているのではないかと思います。

お仕事のことなど全文はこちら