fbpx

「都会の技術」と「田舎の自然」を掛け合わせて、時代に挑む日本料理人・川端さんが、生まれ育った紀南の地に帰り、料理と向き合う理由。【インタビュー・和歌山に恋をした100人】

川端 廣(かわばた こう)さん 生まれ育った紀南の地で、そこにある豊かな自然と都会で培った技術を掛け合わせ、サステナブルで平和な未来のためにできることを模索する日本料理人、川端廣さん。串本町出身で地元ホテルの和食部門に就職。大阪の割烹料理店や京都の料亭で経験を重ねたのち、2019年に帰郷した。現在は串本町から車で1時間ほどの新宮市にご自身の日本料理店cayenne(カイエン)を構え、腕を振るっている。造園士である父や、ある料理人から影響を受け、料理の奥深さを感じるようになったという。そんな川端さんが再び紀南の地に帰り、料理と向き合う理由について伺った。 [...]

【地方進出を検討中の企業に朗報!】広島県なら出張/滞在コスト最大90%支援!地元ネットワークも広がる一石二鳥の仕組みを提供

ゆくゆくは広島県への移転を考えている企業に対して、一時的な広島滞在をサポートする通称「ちょっと広島県」という制度。意欲ある企業にとって見逃せないこの制度の特色やメリット、さらに広島県で働くことや暮らすことの魅力などを、広島県県内投資促進課の石井太朗さんに聞きました。 広島県での滞在費用を最大90%キャッシュバック! [...]

By |2022-05-15T13:28:55+09:002022.05.13|

【和歌山県・移住者インタビュー】龍神村で平飼いの養鶏場をスタート。田舎の小規模農場だからできることや、想像するだけで楽しくなってしまう今後の構想とは。

石﨑 源太郎(いしざき げんたろう)さん、亜矢子(あやこ)さん [大阪府]、[京都府]→[龍神村] [...]

「第二のふるさとを探す旅」4月24日(日)15~17時は、【⑩奈良ー宇陀編】「奈良奥大和の高原・宇陀市×Next Commons Lab 奥大和は、 自分の世界観をていねいに表現する人たちが続々と開業するコミュニティーの地」をお届けしました。

こんにちは。「第二のふるさとを探す旅」も早くも第10回となりました。 今回の舞台は、奈良県奥大和の高原エリア、宇陀。 [...]

「第二のふるさとを探す旅」4月24日(日)15~17時は、【⑩奈良ー宇陀編】「奈良奥大和の高原・宇陀市×Next Commons Lab 奥大和は、 自分の世界観をていねいに表現する人たちが続々と開業するコミュニティーの地」をお届けします。

いつも「第二のふるさとを探す旅」をお楽しみいただきありがとうございます。 3月5日は、第9回【兵庫県ー龍野】兵庫県民に心のふるさととして愛されるTATSUNOは、城下町の伝統文化と地場産業を大切に育てながら海外都市とも交流するチャレンジ都市――をお送りしました。 [...]

東京から徳島へ移住。東京生まれの私が、子どもができてからあわえに入ったわけ

徳島県に来るまでの経緯 私は、東京都国立市に生まれ、日野市・八王子市とずっと東京都郊外に住んでいました。里山再生活動のボランティアで知り合って結婚した夫の趣味で、薪ストーブで生活したり、庭にピザ窯を作ったり、東京の住宅地でも割と田舎っぽい暮らしはしていましたが、3.11東日本大震災を機に、東京から出たいと思うようになりました。物流が止まると簡単に生活が立ち行かなくなることに、都会生活の脆弱さを感じ、土と水が身近にある場所に住みたいと思うようになりました。 [...]

Go to Top