fbpx

<大好評につきリアル開催!鹿部町長 盛田氏も登壇>【全国道の駅支援機構セミナー2022第4回】たった3年で年商4倍!地元に事業承継を実現した道の駅の軌跡 ~新商品開発&ふるさと納税をフル活用した人口3,700人の町の復活ストーリー~

【お申し込みは、本記事下部にあるフォームからお願いします】2022年度に入り、道の駅経営に特化しつつ、ニューノーマル時代対応型に対応してお送りしておりました一般社団法人 全国道の駅支援機構が送る道の駅経営セミナー。今回 大好評であった第3回オンラインセミナーの緊急提言をバージョンアップしてついに「リアル」で開催します!テーマは、、、道の駅しかべ間歇泉公園での事業再生、さらに地域への事業承継のステップ&ノウハウとし、新たに内容を加えてお送りします。この「道の駅しかべ間歇泉公園」は、3年前に当機構のメンバーが直接その経営の立て直しをお任せいただくことになった道の駅です。2019年11月に開催したセミナーでは、北海道鹿部町の盛田町長にもご登壇いただき、その挑戦のスタートまでの経緯をご紹介したこともあり、当時ご参加いただいた方には、覚えておられる方もいらっしゃるかと思います。▼2019年11月28日開催「道の駅の戦略セミナー」のレポート記事▼ [...]

<盛況の中終了>【全国道の駅支援機構オンラインセミナー2022 第3回】 たった3年で年商4倍以上!さらに地元に事業承継を実現した道の駅の軌跡 〜地域おこし協力隊員を道の駅の社長に育てた北海道鹿部町のリアルストーリー〜

【お申し込みは、本記事下部にあるフォームからお願いします】 [...]

【人材募集】気鋭のローカルベンチャーが運営する北海道の道の駅の『店長』になりませんか?

北海道鹿部町は、人口3900人の漁師町で日本有数の国産たらこの生産地。自ら昆布漁に勤しむ町長のもと「にっぽんA級(永久)グルメのまち連合」に名を連ね、食を中心にしたまちづくりの歩みを進めている。 その鹿部町で設立されたばかりのローカルベンチャー株式会社シカベンチャーが現在、まちづくりの一丁目一番地である「道の駅しかべ間歇泉公園」の店長(幹部候補)を募集している。月収のオファーは40-50万円と、小売大手の店長に引けを取らない金額。ここに、鹿部町と、道の駅を経営する株式会社シカベンチャーの展望と本気度合いが現れている。 [...]

可能性と期待が高まる「道の駅」事業のリアルと、そのステップについて〜”道の駅戦略セミナー2019″レポート〜

2019年11月28日、私達、一般社団法人全国道の駅支援機構は、「自治体の”道の駅戦略セミナー”2019」を企画し開催いたしました。大変ありがたいことに、約100名のお申込を頂き、当日も大変盛況のうちに開催することができました。 一般社団法人全国道の駅支援機構は、「『道の駅』を地域の原動力に」をスローガンに2018年7月に立ち上げた法人です。当機構のメンバーがそれぞれの専門性から関わったノウハウを基盤に、道の駅の様々な経営的な「サイクル」を見極め、どのような支援が可能なのかを試行錯誤しながら、この1年運営してきました。 [...]

Go to Top