【ここいろ】山口県萩市。世界中を旅したシェフがこの地を選んだ理由|岡本智之さん[萩市地域おこし協力隊]

2018年5月から山口県萩市の地域おこし協力隊として活動する岡本智之さん。岡本さんは世界各国を旅したシェフ。その経験を生かして始めた、萩の各地を巡って食材を提供してもらい、集まった人とパエリャを作ってみんなで食べる「パエリャ巡礼」が話題に。また2019年の萩市ビジネスコンテストでは「集落生き残りレシピ」という企画でグランプリを受賞するなど、食を通した地域おこしに取り組んでいます。 [...]

伝えたいのは「頑張らなくていい移住」。まずは自分の暮らしを楽しみ、それでいて地域に溶け込むコツを聞いてみませんか?

四国のちょうど真ん中に位置する高知県れいほく地域。四国山地に囲まれた自然豊かな場所に大豊町、本山町、土佐町、大川村の4町村があります。 地域の玄関口・大豊町はJR土讃線、高速道路高知自動車道が通っていて、高知市から車で40分程度の距離です。 [...]

\ENJOY!れいほく/山と川の絶景アクティビティが満載。仕事も趣味も楽しむ移住ライフがここで叶う!

四国山地に囲まれ、吉野川源流域にある「れいほく地域」は、美しい自然の中、アウトドアを楽しんだり、家族みんなで過ごしたりしたい人に人気のエリアです。 今回、そんな「れいほく地域」での暮らしやU・Iターンの体験談を聞けるイベントを開催します。U・Iターンを検討している方、週末ごとにアウトドアライフを楽しむ生活をしたい方にもきっと参考になるはず。参加無料です。お気軽にご参加ください! [...]

「ジビエ産業」に「学習支援員」…? ちょっと変わったミッションの地域おこし協力隊で活躍しよう!

四国の真ん中に位置する高知県れいほく地域は、人口3500人前後の大豊町、本山町、土佐町と、400人以下の大川村の4つの町村からできています。 人口の少ないぶん移住者が活躍できるフィールドは多く、地域おこし協力隊の募集もたくさんあります。どの募集もユニークなものが多いので、人とは少し違った道でスペシャリストを目指す経験ができますよ。(本山町は、学習支援員、大豊町はジビエ産業に関すること、土佐町は自伐型林業推進、大川村に至っては細かいミッションを一人何役かこなす募集が出ています) [...]

離島での再生可能エネルギーを連携創出する企業や起業家を募集

  三重県鳥羽市の沖に浮かぶ「菅島(すがしま)」。菅島を含む周辺の離島は伊勢湾や外洋から流れつく海洋ゴミに悩まされています。こういった問題を解決すべく島の地域おこし協力隊を中心に環境事業の起業に挑戦し、この度連携してくださる方を募集します。 [...]

”やりがい”のある「地域おこし協力隊」募集の6つのポイント

地域活性化を目的に各自治体が都市部から地方移住者を募集する地域おこし協力隊制度。総務省は2019年現在で約5,500人ほどの隊員数を2024年までに8000人まで増やすことを公表し、注目が高まっています。ただ一方で、人気のある地域とそうでない地域に差がみられ、各自治体の課題として顕在化しています。 [...]

By |2021-07-19T19:13:37+09:002021.07.17|Tags: |

高知の暮らしをのぞいてみよう! 「おいでや!いなか暮らしフェア」に参加します!

高知へのUIターンをご検討中の方、いなか暮らしに興味のある方、まずは高知の暮らしをのぞいてみませんか? 7/1(木)~7/31(土)の期間中、オンライン上で効率よく情報収集ができるほか、Zoomを使ったオンラインの個別相談もできます。また、高知県と高知市は8/1(日)、リアル開催の個別相談会(会場:大阪市)に参加します。 皆さまのご参加をお待ちしております! [...]

一目ぼれで移住を決意! 好きな場所で“複業”しながらしなやかに生きるコツ、聞いてみませんか?

“都会の暮らしも好きだけれど、地方でのゆとりある暮らしもいいな”…進学や就職を機に一度は都市部へ出たものの、地元や地方への想いが募ることはありませんか? コロナ禍やテレワークの普及も後押しし、UIターンを決意する若い女性が増えています。都市部の企業に勤めたままUIターンを実現するケース、地元の企業に転職するケース、自分のスキルを活かして起業するケース…移住の形はさまざまですが、気になるのは先輩移住者の体験談。 [...]

Go to Top