日々の暮らしや地域にとっての“ウェルビーイング”を考える、市民主役の学び場「こおりやま街の学校」の受講生を募集

  福島県郡山市は、まちを舞台に「地域のために何か始めたい」「郡山の魅力を発信したい」と感じている全ての住民や関係人口の方々を対象にした学びの場「こおりやま街の学校」を開校しました。 [...]

ふくしまを盛り上げる起業家、意欲的なビジネスプランの募集開始!「ふくしまベンチャーアワード2021」(主催:福島県,企画運営:エイチタス株式会社)

  エイチタス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:原 [...]

磐梯町デジタル変革戦略室第1期報告会をオンラインで実施します~脱デジタルを掲げる小さな町の挑戦~

  福島県磐梯町(町長:佐藤淳一、以下磐梯町)は、2021年8月31日に磐梯町デジタル変革戦略室第1期報告会をオンラインで開催します。磐梯町は、2020年7月にデジタル変革戦略を発表し、デジタル変革戦略室を発足し、2021年7月1日に磐梯町デジタル変革戦略第2版を発行しました。手探りの中での始まった第1期の振り返り、第1期の成果と課題を踏まえた第2期の全体像、そして各分野のエキスパートが作った各種計画・構想を紹介するだけではなく、現場目線での理想と現実をお伝えします。「現実」の部分では、実際の変化などの成果だけでなく、進める上での課題・壁なども包み隠さずお話します。 [...]

【ワーケーション体験記】地域に開かれた復興のシンボルでコワーキング体験! – 小高パイオニアヴィレッジ(福島県南相馬市)

宮城県仙台市在住のフリーライターである著者が、福島県南相馬市小高区区内にあるコワーキングスペース「小高パイオニアヴィレッジ」を使用した体験レポートをお届けします。普段、高層ビル群に囲まれた街中で仕事する著者が、地方のコワーキングスペースに行っても仕事ができるのか。そして、その土地に縁もゆかりもない人が、地域復興の拠点となるスポットに行くとどんな変化があるのでしょうか。 今回体験した「小高パイオニアヴィレッジ」について [...]

Go to Top