fbpx

【参加者募集中(6・7月開催分)】鳥取県でLet’s農業!来て!見て!話して!体験して!産地体験会・就農相談会に出かけよう!

※7月7日(日)倉吉西瓜産地体験会のチラシや申込みフォームが完成しましたので、情報を更新しております※ 鳥取県の特産品である、梨、柿、すいかの産地体験会を6月~7月に県内4市町(倉吉市、八頭町、琴浦町、北栄町)で開催します! [...]

豊かな食・きれいな水のある場所【鳥取県移住者インタビュー】日々の食卓をより健全にー生産者の思いを伝えたいー(鳥取マガジン)

鳥取県伯耆町にあるナチュラルワイン&食品の小売店「al Covo [...]

《春夏秋冬》生きることを楽しみながら進む【鳥取県移住者インタビュー】ー大山の見える場所ー(鳥取マガジン)

「大山が大好きなんです。」そう笑顔で話してくださったのは、大阪からIターンで鳥取に移住して来られた幅田舞さん。 幅田さんが、鳥取県に移住したいと思った一番の理由は大山。その美しさとかっこよさに魅了され、大山の見えるところに住みたいという思いが芽生えたのだそう。 [...]

【福島県】こんなに面白い場所は他にない。カフェ兼コワーキングスペース開業に見るローカルでの戦い方

気候危機や原発問題、地域の過疎化など、大きな社会のニュースに触れたとき、つい感じてしまう無力感。目の前の課題の大きさに「自分には何もできない」と、感じてしまう人もいるのではないでしょうか。 今回ご紹介する一般社団法人オムスビ代表理事の森山貴士(もりやま・たかし)さんは、およそ10年前、福島県南相馬市に移住。当初は原町区や鹿島区に住み、その後、避難指示区域が解除されたばかりの小高区へ移り住みました。時には貯金が数百円という経験をしながらも、キッチンカーでのコーヒースタンドの運営や青空市の開催、小高の魅力を伝えるイベントの開催や情報誌の作成、常設カフェの開業など、地域の人たちのニーズを汲み取りながら、さまざまな取り組みを実施してきた人です。 [...]

和歌山県農林大学校への入学を機に、家族5人で移住。田舎暮らしと仕事を両立させる久保田さんご夫妻の場合【わかやま|先輩移住者インタビュー】

  久保田 遊己(くぼた ゆうき)さん、由子(ゆうこ)さん [...]

「プラモデルをつくりながら食事も楽しんでもらう」ことをコンセプトにした模型カフェ「iiba(イーバ)」を開業された、 川畑さん夫婦に紀の川市での暮らしや開業に至るまでのお話を伺いました【わかやま|先輩移住者インタビュー】

  川畑 寛晃(かわばた ひろあき)さん、久美子(くみこ)さん [...]

【移住体験談】空き家セルフリノベーションで自由な暮らし方を実現!(とっとりずむ)

7年ほど前に、東京から結婚を機に鳥取に移住した吉井秀三さん、麻妃さん夫妻。 秀三さんには、将来は田舎で暮らしたいという夢があり、実家のある鳥取へ引っ越すことに決めました。お互いにリモートワークという働き方を選び、まずは鹿野町のお試し住宅に1年間住みました。 [...]

Go to Top