愛媛県の南西部に広がる南予(なんよ)をご存知ですか?豊かな自然、歴史、食文化など、独特の地域文化が魅力です。中でも、宇和島市、八幡浜市、大洲市、西予市、内子町の5市町は、青い海とミカン山のコントラスト、清流、里山に代表される自然あふれる地域でありながら、いざという時の医療や、​​子育てに最大の関心事の教育など、都市機能が充実していることから、子育てしやすい移住先として近年注目を集めています。

そんな南予5市町の魅力をシリーズでお届けする「大切な人と暮らしたいえひめ・南予(なんよ)」。第一弾は、知るほどに奥深い伝統と自然の恵みあふれるまち「宇和島市」の魅力を子育て世代の目線でお届けします!

 

宇和島市ってどんなところ?

養殖マダイの生産量日本一!

入り組んだ海岸線に囲まれた静かな入り江は、魚の宝庫!鯛めし、じゃこ天などの郷土料理が有名です。豊かな自然と温暖な気候で、美味しい食材には事欠きません。

奥深い歴史・文化・交流でゆるやかにつながる

鎌倉時代に起源があるとの説もある闘牛(国無形民俗文化財)や牛鬼まつり、鹿踊りなどの伝統文化や伝統工芸を通じて、世代を超えたゆるやかな交流が育まれています。

市民・企業・団体が連携して移住サポート

安心して宇和島での暮らしを整えられるよう、市民・企業・団体がオール宇和島で移住者をサポート。住まい、子育て、仕事、暮らしなど幅広くサポートしています。

若い世代のチャレンジを応援

若い世代のチャレンジを応援する「青少年市民協働センター事業」、高校生のアイデアをまちづくりに生かす「高校生まちづくり課」の活動が盛んです。さらに市内のコワーキングスペース「UWAJIMA QUEST」では、子どもも大人も学べるプログラムが充実しています。

※宇和島・南予(なんよ)の暮らしに興味を持ったら下記サイトをチェック
南予子育てガイド〜大切な人と暮らしたいえひめ・南予(なんよ)

 

先輩移住者の声をダイジェストでお届け

宇和島市中心部から4キロほど離れた九島(くしま)で、飲食店を経営する水野裕之さんと千尋さん。息子の瑶(よう)くんは小学校に上がり、島の外へバス通学を始めた。(2022年7月時点)

奥様の地元宇和島へUターン

ホテル勤務だったご主人の水野裕之さん。海があって、魚がおいしくて、人があたたかい、そんな土地でいつかお店を!理想の場所は、奥様の千尋さんの地元、宇和島でした。
地域おこし協力隊の募集が宇和島市の九島であることを知って、2018年に協力隊として移住、開店準備を進めて念願のお店は2020年にオープンしました。

ワンオペ育児から卒業!夫婦・地域みんなで子育てができる

移住前、裕之さんは仕事が忙しく、奥様の千尋さんのワンオペ育児が続いていたそうです。宇和島に移住してからは、家族の時間が増え、子育ても夫婦ふたりでできるように。さらに、地域の方が見守ってくれる、みんなで育ててくれるという安心感もプラスされたと話してくれました。

子どものコミュニケーション力が伸びた

地域のなかで、いろんな人に声をかけてもらいながら、育っていく環境で、子どものコミュニケーション力が伸びてきたのを感じるそうです。移住前と比べると積極性も好奇心も向上し、何でもやってみよう!といろんな経験を積んでいるのだとか。

ライフスタイルの変化は?

テレビを見る時間が激減!外で過ごすことが増えたそうです。
家族で散歩しながら、宇和島の風景をスマホで撮ったり、山に登ってピクニックをしたり。
宇和島のおいしい魚とお酒を夫婦で楽しむ休日もあるそうです。

※インタビューの詳細は下記URLへ
移住したからこそ見えてきた、人として大事なもの。

 

PickUp! ギャラリー

カメラが趣味の親子4組が南予での子育てや暮らしの環境を体験しました。南予に住んでいると当たり前の光景や空間も、シャッターで切り取ってみると、新しい発見がいろいろ。ゆるやかに流れる南予の時間の中で、どんな暮らしができるの? どんな子育てができるの? そんなことをイメージしながら、ご覧くださいね!

※南予暮らしのワンシーンを画像で紹介しています>南予ギャラリー

 

子育て世帯をサポートする「子育て移住応援パッケージ」をチェック

南予5市町(宇和島市・八幡浜市・大洲市・西予市・内子町)では、「子育て移住応援パッケージ」として充実した制度を整え、子育て世代のみなさんをサポートしています。

\宇和島市の医療費助成・保育料軽減について/

✔️医療費
中学生まで無料!
✔️保育費
3歳以上 無料
3歳未満 有料  ※但し、多子軽減・要保護世帯軽減あり

\宇和島市の移住相談員 岡田美和子さんのメッセージ/
生まれ育ちは「山暮らし」、仕事を始めてからは「町暮らし」、子育て中は「海暮らし」。宇和島のことなら聞いてください。私が知らないことでも周りの方は知っています。頼りになる人たちに繋ぎます。些細なことでもお気軽にご相談ください。

 

子育て世代のみなさん、ゆったり時が流れる南予に来ませんか?

南予子育てガイド(https://e-iju.net/nanyo/には、南予5市町(宇和島市・八幡浜市・大洲市・西予市・内子町)の魅力、学びの環境、子育て支援、南予暮らしのワンシーンを画像で紹介するギャラリーなど、移住を検討する子育て世代に取って見逃せない情報がたくさん!他の市町の情報も合わせてぜひご覧ください。

さぁ、ゆったりした時間が流れる南予で、自分たちらしい子育てをしませんか?