fbpx

日本初!兼業就農に特化した学校を開校来年1月より、千葉県睦沢町において開催

  株式会社おひさま総合研究所(本社:千葉県千葉市、代表取締役兼校長:平山泰朗)は、日本初となる兼業農家になることに特化した就農スクール「チバニアン兼業農学校」を睦沢町の協力により、2022年1月より3か月間開校します。  [...]

地域密着型・市民参加型のビジネスプランコンテスト「やさシティ、まつど。ビジネスプランコンテスト」開催!

  松戸市では、地域の元気な起業家を市民の皆さんで応援する“地域密着型”“市民参加型”のビジネスプランコンテストを開催します。 [...]

千葉県南房総でワーケーションの「この先」に出会うプラットフォームサイト「南房総ワーケーション」、リリース!

  都心から90分と近い場所でありながら、海も里山もある自然豊かな千葉県南房総。昔から保養地として愛されてきた南房総でのワーケーションをサポートする「南房総ワーケーション」サイトがリリースされました。ともすれば普通の旅行になってしまいがちなワーケーションを、アクティビティを中心に宿泊施設、ワークスペースを組み合わせることで、地域ならではの新たな「出会い」を生み出します。さらに、よりクリエイティブで実りのあるワーケーションとなるよう「ワーケーションコンシェルジュ」がプランニングをお手伝いするのが特徴です。 [...]

【地方で輝く人】“ひとに、環境に、良いあんばい” 元理科教師が目指す理想の農業スタイルとは?

千葉県千葉市緑区、千葉市街地より車で50分ほどの場所に位置し、駅前にはニュータウン開発が進んでいるが、一歩進むと昔ながらの風光明媚な農村エリアが広がっている。ここに2019年に新たな農園が開園した。その名も“あんばい農園”。 設立したのは元理科教員として中高一貫校で教鞭を執っていた梅津裕一さん。落花生の専業農家でありながら体験学習型農業を謳っているあんばい農園、一般的な農家とは一線を画す取組を進めている梅津さんの想いに迫る。 [...]

【移住体験記】まずは近場からでも!暮らす場所を変えると、人生が変わるかも?

コロナ禍で生活拠点の見直しを考える方が増えています。テレワークが導入されたことで、都市部に住む必要性が薄れたという声も少なくありません。また、地域によっては移住者の受け入れを積極的に行い、さまざまな支援を提供しているケースが見られます。 とはいえ移住と聞くと、まだハードルが高く感じる方は多いかもしれません。興味はあっても、やはり先々を考えると仕事との兼ね合いが不安だったり、子供がいれば学校などの関係で一歩踏み出せなかったり。しかし遠くに移住しなくても、少し離れるだけで人生を一変させてくれるような場所はたくさんあります。 [...]

Go to Top