広島県が目指すアフターコロナの地域戦略 〜広島県 湯﨑英彦知事(2)【地域のキーマンに聞く「新しいニッポン」への道筋】

「地域のキーマンに聞く「新しいニッポン」への道筋」、第二回は、広島県の湯﨑英彦知事です。 通産官僚、ITベンチャーの起業家を経て広島県知事という異色の経歴で、就任以来、アグレッシブな試みを次々と実行されてきました。広島県の目指す新しい地域戦略をテーマにしたネイティブ代表・倉重によるインタビュー記事を、3回に分けてお送りします。 [...]

広島県が目指すアフターコロナの地域戦略 〜広島県 湯﨑英彦知事(1)【地域のキーマンに聞く「新しいニッポン」への道筋】

「地域のキーマンに聞く「新しいニッポン」への道筋」、第二回は、広島県の湯﨑英彦知事です。 通産官僚、ITベンチャーの起業家を経て広島県知事という異色の経歴で、就任以来、アグレッシブな試みを次々と実行されてきました。広島県の目指す新しい地域戦略をテーマにしたネイティブ代表・倉重によるインタビュー記事を、3回に分けてお送りします。 [...]

広島で、里山を守り活用する古民家ホテルをアップデートするために、クラウドファンディングを開始

里山の歴史と景観をより楽しんでいただくためにの新たな一歩 広島県の北東部・庄原市の素晴らしい里山と歴史建物を守り、楽しんでもらう施設「せとうち古民家ステイズHiroshima」。 [...]

広島県がIT系&スタートアップに初期コスト最大2億円の大規模支援。社長が移住するだけで1000万円も。

以前から充実した企業誘致制度で話題を集める広島県が、コロナ禍によって起きたビジネス環境の変化を受け、さらに攻めの姿勢を見せている。期間限定で1社あたりの初期コスト助成額を上限1億円から2億円に拡大し、条件も緩和したのだ。社長が移住する場合には、それだけで最大1000万円を交付するケースもあるという。 これからのオフィスの在り方について悩んでいる経営者層や、地方に移住したい会社員にとって、背中を押すきっかけになるのかもしれない。 [...]

By |2021-01-04T12:40:06+09:002020.10.14|Tags: , , , , |

【特集】県内外の企業・大学・自治体等様々なプレイヤーの参画により、AI/IoT等新たなデジタル技術を活用した共創で試行錯誤できるオープンな実証実験の場「ひろしまサンドボックス」とは?[PR]

“作ってはならし、みんなが集まって、創作を繰り返す、「砂場(サンドボックス)」のように何度も試行錯誤できる場”として生まれた「ひろしまサンドボックス」。 特集では、「ひろしまサンドボックス」について多様な角度から光を当て、その魅力と可能性に迫ります。

Go to Top