[お申し込み/お問い合わせは本ページ末尾のフォームから!]

アクセスの良さをもちつつ、日本人の原風景を残した庄原の里山へ

ウィズ・コロナの時代は「働く場所を自由に選ぶ」という価値観を少しずつ社会に定着させています。
そのスタイルの一つが「ワーケーション」。
労働(Work)しながら休暇(Vacation)を楽しむということですが、すでにこの言葉も一般的になってきましたね。
今回はそのワーケーションにぴったりの、快適な古民家ステイができる宿泊施設をご紹介します。

場所は広島県庄原市。
昔から中国山地の交通の要衝として栄え、現在は中国自動車道と尾道松江道の交点に位置しています。
大阪からクルマでおよそ4時間、広島から1.5時間。そして広島空港からもおよそ1時間と、とてもアクセスの良い山間部の街です。
そして、高速道路のインターを降りると、すぐに美しい里山の風景が眼前に広がります。
日本人の原風景ともいえる里山と田園の風景に、なんとも言えない懐かしさを感じます。

庄原市には歴史ある古民家をリノベーションし、お洒落で快適な宿泊施設に仕立てた建物が3棟あります。
それらに宿泊する体験を「せとうち古民家ステイズ」というブランドで呼んでおり、この記事ではそのうち2棟を使ったワーケーションを考えてみました。

1.細い谷の奥の「こざこ森」

「こざこ森」は尾道松江道の高野インターからクルマでおよそ10分。
国道から外れて田畑の中の小道を進んでいくと、そこは細い谷の奥。
小(こざこ)とはこのような小さい谷のことをいい、かつてはこの古民家の屋号でもありました。
築100年以上で、周りは豊かな森。茅葺き屋根の建物が京都の建築家の手によってリノベーションされ、ほっとする古民家の風情と現代のデザインが融合した居心地の良さを持っています。

大人数でカジュアルな、合宿のような滞在を

最大の特徴は大きなコンクリートの土間、外と内をつなぐ大きな掃き出し窓です。
窓を全開にすると、土間と外が一体化し、大屋根の下でも豊かな自然を楽しむことができます。
屋内から見ると、フレームに切り取られた自然はまるで一幅の絵画のようです。
中央には円形のソファー、その中央にあるファイヤーピットが高級感を演出します。一度に8名が座れるテーブル席もあります

ここでのおすすめスタイルは大人数でのワーケーション。
例えばシステム開発や、アイディアを出し合うハッカソンのようなチーム合宿形式での利用が適しています。
パソコンに向かえる場所が外、土間、テーブルなどとさまざまに用意されており適度に距離が保てるので、気のむいた場所でそれぞれが個別にワークし時折集合してミーティングを行う、といったようなことがやりやすい施設だと思います。

パソコン画面を大きく映し出せるプロジェクターを使った本格的なプレゼンテーションも可能です。

そして夕食などは材料を買い込んで外で豪快にバーベキュー! カジュアルにワイワイと大人数で楽しめる、そんな施設がこざこ森です。

※宿泊施設の詳細はこちら

こざこ森 https://www.ikyu.com/vacation/00051088/

2.仙人の住まう霧の谷に建つ「不老仙」

「不老仙」は中国自動車道の庄原インターからクルマでおよそ20分。周囲は細長いV字の谷で、周囲に民家はほとんどありません。
敷地へのゲートを開けると、長いアプローチの先に、まさにポツンと一軒家。ほとんど外界から隔離したような特別な感覚がここにはあります。
ここでは朝夕の寒暖差から霧が出やすく、昔から「仙人の住まう谷」とも呼ばれてきました。
だから名付けられた名前が「不老仙」。
滞在中運が良ければ、濃い霧に包まれる不思議な体験をすることができます。

気のおけない友人や家族とリラックスしながら少し仕事する

リノベーションされた建物は平屋の日本家屋。広めの土間から小上がりを上ると、縁側に沿って和室が2部屋続いています。
メインのベッドルームにはベッドが2台。水回りは凝っていて、5人ぐらいの家族なら一度に入れそうな大きな湯船が。台所も広く、みんなで楽しく調理ができそうです。
とはいえ純な日本の家に滞在するような感覚はうまく保たれていると感じます。

水回りなどの機能性は向上しつつ、もとの家屋のイメージは大きく変えることなく上手にリノベーションが行われているのです。
その証拠に、古い欄間や釘隠し、組子などが大事に残されています。

こざこ森と比べてより日本家屋そのままに近くやや小ぶりな建物なので、お互いの距離は近めに感じます。
したがってここではやや少人数(4名程度)の利用が向いているでしょう。
ワーク主体よりどちらかと言えば家族や気のおけない友人同士でリラックスできる時間を大切にするような滞在。
たまにパソコンを開いてメールをチェックし、さっと仕事を終わらせておしゃべりに復帰。気が向けば縁側で読書をする──そんなバケーション寄りのイメージです。
料理の時間もみんなで共有することができます。

※宿泊施設の詳細はこちら

不老仙 https://www.ikyu.com/vacation/00050861/

滞在中の買い物も心配なし

こざこ森の場合は、高野ICすぐにある道の駅たかのの利用が便利。
毎日買い物に来ても苦ではない近さです。
産直野菜のコーナーが非常に充実していて、庄原産のお米や、お酒、庄原が誇る比婆牛、ジャムなどの加工品など豊富に手に入ります。
お土産物もこちらで入手されるとよいでしょう。特産のリンゴを使ったアップルパイもおすすめ。薬や日用品は庄原市中心部へ行く必要あり。

道の駅たかの https://www.takanoyama.jp

不老仙の場合は地元の食材を買うなら食彩館しょうばらゆめさくらへ。
そのほか、庄原市の中心市街地から近いので、いくつかのスーパーマーケットやドラッグストアも利用できます。
※食彩館しょうばらゆめさくら https://www.shobara-info.com/286

ワーケーションのお試しキャンペーンがスタート

気になる宿泊料ですが、今ならワーケーションのお試しキャンペーンを利用できます。
割引率はなんと最大50%
例えば、1泊2日コースだと通常料金から30%オフの33,880円でご提供。3泊4日コースだと、50%オフの72,600円! (いずれも2名素泊まりの場合)。
1名追加ごとに1日ごとに約2,000〜3,000円が加算される仕組みなので、大人数なほどお安く利用できます。
例えば、8名で宿泊すればひとり当たり約6,000〜6,500円/泊!
どうです、お得でしょう? この機会に、ぜひ庄原の里山ワーケーションを体験してみてくださいね。

キャンペーンについての詳細

◆宿泊期間: 6月1日(火)~7月20日(火)のご宿泊が対象

◆申込期間: 5月6日(木)~5月31日(月)

※お申込み内容を確認後、空室状況を確認し施設からご利用可否の連絡を致します。

※お申込みは一定数になり次第締め切ることがございます。

※宿泊日の5日前までにお申し込み下さい。

◆対象施設 せとうち古民家ステイズHiroshima不老仙 ・ こざこ森

◆キャンペーン特典

1日お試し・・・・・1泊2日で30%OFF 通常48,400円 → 特典価格33,880円
ゆっくり滞在・・・・2泊3日で40%OFF 通常96,800円 → 特別価格58,080円
しっかり滞在・・・・3泊4日で50%OFF 通常145,200円 → 特別価格72,600円

※素泊まり/2名利用の場合
※1名追加ごとに+2,200円~3,080円/日(上記①~③のプランにより異なる)

[ 文責・主催:株式会社古街計画 ]

お申し込み/お問い合わせ

こちらのフォームからお願いします。