大分で会いましょう。ミーティングツアー Vol.5 齋藤精一(株式会社ライゾマティクス代表取締役)x 佐野文彦(建築家/美術家)

齋藤精一(株式会社ライゾマティクス代表取締役) 建築デザインをコロンビア大学建築学科で学ぶ。 [...]

大分で会いましょう。ミーティングツアー Vol.2 小林エリカ(漫画家・作家)x 平野紗季子(フードエッセイスト)

小林エリカ(漫画家・作家) 小説家、漫画家、アーティストとして様々な方面で活躍中。 [...]

【11月17日開催】総務省発、自分らしい地域とのあり方を見つけよう!「地域の魅力発見!移住&地域との関わり創出フェア」in パシフィコ横浜

2019年11月17日(日)11:00~17:00に、パシフィコ横浜 展示ホールA [...]

大分県の「余白感」を関係づくりのきっかけに。関係人口創出の先進事例「大分で会いましょう。」の考え方

大分県がおこなっている「大分で会いましょう。」という取り組みがあります。月に1度のペースで、ある2人が大分を訪れ、行く先を話し合い、旅を始めます。その様子を映像として配信するという旅番組です。キーワードは、「せっかくだから 大切な話は、大分で」 2018年に始まったこの取り組みは、地域の関係人口を創出する試みとして注目されています。 [...]

【おすすめ書籍コーナー新設記念!】今更ですが「なぜ読書が大切なのか」を考えてみました。

Nativ.mediaの記事でよく読まれているものに、「おすすめ書籍」というタイトルがはいった「書評」があります。 ありがたいことに、PVやコメントなどからもご好評いただいているようですので、この度、「おすすめ書籍」をメニュー化し独立したコーナーにしました。その記念といっては大げさですが、この機会に多くの人に語られつくされている究極のテーマ「なぜ読書が大切なのか?」について、自分なりに改めて考えを示しておきたいと思います。 [...]

By |2019-10-31T19:43:38+09:002019.10.31|Tags: , |

”関係人口創出”は、なぜ難しいのか?

日本政府がいわゆる「地方創生政策」の第二フェーズで、来年度令和2~6年度の5カ年で実施する「第2期まち・ひと・しごと創生総合戦略」の基本方針に、「関係人口創出」が盛り込まれたことを受け、今各自治体では、専門チームを組成するなどしてその動きを活発化させているという話を耳にします。 こうした動きを受けて、「関係人口とは何か」については以前こちらのコラムで意見を含めて述べさせていただきました。 [...]