fbpx

【茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町2021年11月実施】海辺の町でのワーケーションモニターツアー「アジケーションウィーク」参加者募集!

  働き方改革や新型コロナウィルス感染症の流行に伴う働き方の多様化を受け、「新しい日常」の奨励の一環として位置づけられる「ワーケーション」の取り組みが全国的に拡がりを見せています。 [...]

サブスクで「住まい」と「移動」まるごとサポートポータルサイトオープン!

サブスクで「住まい」と「移動」まるごとサポート その内容とは? 徳島県では、県外からの移住者にとって移住初期に課題となっている「移動にかかる経済的負担」を軽減し、スムーズな「とくしまぐらし」を満喫いただくため、交通手段の「乗り放題・使い放題」を月額定額で利用できる「サブスク料金移動手段付きの賃貸物件」を県内に整備することとし、このたび、賃貸物件の紹介や、交通機関のサブスク料金について紹介するポータルサイトをオープンしました。 [...]

トラストバンク、地方暮らしに関するアンケート結果を発表 新型コロナで地方暮らしへの関心高まった人 60.5%・前年比14.5%増

  ふるさと納税総合サイト「ふるさとチョイス」を運営する株式会社トラストバンク(本社:東京都渋谷区、代表取締役:川村憲一)は6月25日、東京都内に住む20歳以上の男女1049名に実施した「地方暮らしに関するアンケート」の結果を発表しました。新型コロナウイルスを機に、都市部の人口密集リスクやライフスタイルの見直しなどで、昨年に比べさらに都内に住む人の地方暮らしへの関心が高まっていることがわかりました。 [...]

岡山県備前市の移住オンラインコミュニティが始まりました

安心・安全・温暖な岡山県備前市のオンラインコミュニティ 移住を考えている方の相談の場として、既に移住している方同士の交流の場として、備前暮らしの情報交換の場として、このたび新たに移住のオンラインコミュニティ「備前市移住のひろば(仮)」を始めました! [...]

【寄稿】人口減少を救う「多拠点居住」の最大の障害は…〜【特集】関係人口を考える

関係人口の入り口とも言える他拠点居住者は、それを支える定額でののシェアハウスや宿泊サービスなどの広まりと同時に、確実に増え始めています。仕事で全国を飛び回る人たちもその代表事例です。全国で病児保育の課題解決事業を展開する社会起業家の駒崎さんもその一人。駒崎さんが、最近、その経験からくる他拠点居住への課題意識をSNSに投稿され、多くの方の共感を集めました。その内容について私達も非常に強く共感したので、御本人にお願いし、そのまま寄稿していただきました。是非皆さんもご一読いただければ幸いです。 [...]

Go to Top