【地方移住検討中】ちょっと嬉しい地方移住支援制度〜新幹線補助金から中心市街地若年夫婦・子育て世帯家賃補助まで

地方移住は単なるブームじゃない。この先もっと地方移住者は増える。テレワーク移住者が増えて、もはや引っ越し感覚。国も会社も地方移住を推進している。移住支援金や自治体独自の補助金も拡充されている。使えるモノは上手く使いましょう。移住関連の支援金や補助金をあらためて整理してみます。 移住支援金とは? [...]

尾道市は子育て環境がGOOD!

広島県の移住メディア『HIROBIRO.』で、尾道市役所の移住担当者、奥忠直さんが取り上げられています。プライベートでは、まち歩き団体『尾道商會』を結成し、市民や観光客に尾道の文化や歴史を紹介する、尾道大好き人間です。カメラも相当な腕前で、カバー写真の千光寺の鐘、弊社『つなぐ和』のイメージ写真も奥さんが撮影したものなんです。 そんな奥さん「尾道の魅力」を次のように語っています。 [...]

【地方移住検討中】移住検討して早1年、気づいたこと&やっておきたいこと。

  地方移住を再検討して早1年(1回目はUターン移住で大失敗)、まだ地方移住を実現できていませんが、色々気づきや発見がありました。地方移住前にやっておきたいことも明確になったので、備忘録的にまとめておきます。 [...]

By |2021-03-29T11:58:34+09:002021.03.28|Tags: |

【地方で輝く人】“エンジニア一筋35年” 第二の人生は観光いちご園でいちごと笑顔を作ること

琵琶湖の東岸に位置する滋賀県近江八幡市、古くは城下町として栄え、近代では商業の街として発展してきた歴史豊かな街である。織田信長が築城した“安土城”があった安土駅前より車で約10分、ここに2019年12月観光いちご農園が開園した。その名は“とよさんファームいちご園”。 開園したのは豊永正行さん、当時53歳。高校卒業後はエンジニア一筋35年だった豊永さんが、第二の人生を歩むための職業として選んだ観光いちご農園、そこに至るまでの豊永さんの想いと描く未来図に迫る。 [...]

Go to Top